L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

妖しの香り

今日のお昼休みには、ちょっと映画館の話になりました。
いや、ホラー映画が平気な私は、某所のホラー用ホールがお気に入りなんですけどね。(笑)
新しい、ホラー用のそこは、照明がわざわざ蝋燭の形になってるんですよ。雰囲気たっぷり。(笑)
そのせいか、「何かいる・・・」と感じることもあるんですが。(え?


そこで、最近気になる映画。
ちょっと観てみたいなぁ・・・と。

「パフューム」

舞台は18世紀のパリ。
この時代って、汚物(つまりトイレの中身とかね。笑)を、道に放り出してたんですよね。
だから、パリの街は悪臭で大変。そのため、香水だけじゃなく、実は、「ハイヒール」もできたんだとか。
踏むのはイヤだったのね、貴婦人も。(笑)

その時代背景も好みなんですが、注目すべきは、この映画の原作本を、あのニルバーナカート・コバーンが大好きだったということ。
しかも、言ってることが、結構、Gackt氏に近いよ。(苦笑)

カート・コバーンは謎の死を遂げましたが、この映画に漂う妖しげな雰囲気はとても気になるところです。

そして、この映画の音楽は、ベルリン・フィルが担当。
久々に音楽が素晴らしい映画でもあるかと思います。

そういえば、この映画のパンフレット(ラベンダーの中に全裸で横たわる少女)が刺激的すぎると話題にもなってましたっけ。

観たいなぁ・・・・・。


************************
そこで「パフューム」な広告。(笑)

映画「パフューム」のサウンドトラックCD。
試聴ができます。




映画「パフューム」の原作本。
カート・コバーンの愛読書だったというところに注目したいところ。
「香水―ある人殺しの物語 文春文庫」




「レクランドレーヴ<フェミナ>ローズボールS&ミニパフューム 」
アートフラワーにパフュームを振りかけて楽しむという素敵なもの。
ホワイトデーの贈り物にもいかが?




ブルガリのオムニアシリーズ第3弾。
「ブルガリ 40mlオムニア アメジスト オーデトワレスプレー」




「ジバンシー ジャルダン ダンテルディ シークレット チャーム 50ml」




スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<怪しいもの増える増える(笑) | L'arrière du mois | なーぜーだー(笑)>>

この記事のコメント

予告編を見て、気になっている映画の一つです。
音楽で香りを表現するそうで・・・どんな演奏なのか、興味津々。
2007-02-21 Wed 17:35 | URL | 彼方 #-[ 内容変更]
「マリーアントワネット」が先日公開されたし、去年はモーツアルト生誕200年だったし、ロココブームが来るのか?と。(笑)
こっちのほうが、音楽も本格的で、「マリーアントワネット」より面白そうかも、と思ってます。
(^O^)
2007-02-21 Wed 19:42 | URL | ららん #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。