L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

クリスマスでも、「War is over」にはならない。

24日、エチオピアが、ソマリアを空爆しました。
Yahooニュースにも出ています。

こちら。

ジョン・レノンの「Happy christmas (War is over)」を、ちょっと前の日記で出しましたが、あれが、今でも世界の現実です。
地球のどこかで、実際に起こっている、現実です。


War is Over if you want it.
(あなたたちが願うなら、戦争は終わる。)
War is Over now.
(戦争は終わる、今すぐに。)


ジョン・レノンの名曲は、いまだに「現実」にはなっていません。

Gackt氏が「アジア、アジア」と拘るのはなぜか。
架け橋になりたい、というのはなぜか。
「12月のLoveSong」のMVが、あの時期のNYで撮影されたのはなぜか。

これをもう一度、考えてみましょうよ。

私は密かに思ってます。
このあたりをちゃんと理解していない人は、ファンとは呼べない、と・・・。


スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<アンラッキーな日、おっちゃん天使に会った。 | L'arrière du mois | 天地は喜びに溢れぇ~♪>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。