L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

母を尊敬するからこそ。

昨夜あんだけ疲れきって帰ってきたのに、いつもより早く会社に着いてました。
どっこも痛くないし。(笑)
しかも、お昼休みには、「みよし」で、ラーメン、替え玉まで食べてました。(爆)
案外タフかも知れない・・・・自分。(笑)

さて、乗馬。(笑)
そこに既に心は飛んでるわけですが。
「なにGacktの真似こいてんだよ」とか思ってる人もいるかも知れませんが。(笑)
あのねー。
ドーム見てカッコイイから馬乗った!面白かった!・・・・で終わらせたくなかったのね。
体験乗馬は、「引き綱」だったわけね。
それじゃあ、「乗った」とは言えないような気がしたのね。
というか「乗りこなせて」いないわけね。
それでは、単なる「赤城乗馬クラブってここ?!キャー!」なミーハーと全く変わらないな・・・・と思ったのね。(笑)
そして、二鞍目、三鞍目・・・・とやっていくうちに、どんどん難しさを感じたわけね。
・・・・・・・・・・悔しくなってきたわけよ。(笑)

そして、もう一つ、乗馬をもっとやろうと思った理由。

うちの母は、ずっと専業主婦でした。
しかも、家事は全く手を抜かない人でしたわ。
手作りパンをおやつにしてくれたり、洋裁もちゃんと習いにいって服作ってくれて、編み物も教室行って、とにかく、「よくできた主婦」でした。
色んな家庭の事情やら病気も乗り越えてきました。

で、私と弟の子育てがひと段落してから、ずっとそれまで心に秘めていた趣味を始めたんですよ。
絵を描くこと。
それからずっと描き続けています。
いまや、気づいたら、大きな展覧会に毎年入選するようになってました。

好きこそものの上手なれ。
継続は力なり。

そんな言葉を、きっちり見せてくれた「親」ですわ。
その母を私は尊敬してます。
一時は、「この人を一生追い抜けない」と思ってましたけど、最近は、自分もそれをやろう、と思うようになったわけ。
何かを継続して、自分のものにする、ってこと。
「形に残す」ってこと。

母は、絵で入選という形。
私は、乗馬でライセンス、という形ね。

ライセンス、5級なんて、誰でも取れるものですよ。
でも、まずは、5級を手っ取り早くクリアして、次に4級、そして、最終的には、どこでも外乗で駆け抜けられる「3級」を目標に。
(ちなみに、それ以上は、競技レベルになっちゃうので、そこまではしないつもり。障害競技とかしない。笑)

夢を追いかけるってことをしない人が増えている昨今だからこそ。
私は、Gackt氏が今回、「あの曲」を最後に持ってきてくれたことに、意義を感じてます。

夢は、追いかけて追いつくものであって、見るだけのものではない、ということ。

これは、母から学んだこととも一致するんですよね。

母は、「なにやってんの・・・」と呆れつつも、「まあ、やりたいようにやりなさい」と笑ってくれてます。(笑)



*********************
さて広告。
「オリジナルオルゴール」
沢山の曲の中から、自分の好きなものを選んで作ることができます。
Gackt氏の曲もありますよ。(^O^)











・・・・ただしね。

あまりに、壮大すぎる夢は、単なる「妄想」だとも思います。(苦笑)
ちゃんと「努力して」こそ、ね。
そして、「計画的に」ね。(笑)



つか、今日、異常に「Gackt 月の裏側」で検索かけて入ってきてる人が多いんですが。(笑)
何がしたいんでしょうか?(笑)

どーでもいーですよー。
↑だいたひかる風棒読み。(笑)

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<風林火山 | L'arrière du mois | き・ち・く♪(笑)>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-12-21 Thu 00:51 | | #[ 内容変更]
そうそう。そうなんですよ。
「走れ!」
いい言葉ですねぇ。
夢すらなくて、「つまんなーい」の連発をする人(というか、ブログもね)がいかに多いか・・・。
単なる日常の「今日何食べた」な日記のいかに多いことか。

ネット上でも、日常でも、ときどき思うのね。
「この人、なんのために生きてるのかわかってるんだろうか・・・」って。(笑)
2006-12-21 Thu 07:03 | URL | ららん #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。