L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「出口のない海」と「蒼き狼」

この映画、もう一度おススメしておきます。

「出口のない海」

もし、今年甲子園で優勝した「ハンカチ王子」こと斉藤投手がこの時代に生まれていたら・・・・。
そう思って見るのが、今の世代の人々には想像しやすかと。
「そういう青春もあった」ことを知る。
「死ななければならない青春があった」ことを知る。
実は、mixi内のとあるコミュでは、若い人々の「感動した!」という素直なコメントが続いているそうです。
「感動した!」という言葉でしか表現できないのはちょっと悲しいことのような気もします(笑)が、何か通じるものがあったことは間違いないようです。

今の世の中は、こんな青春時代を送らざるを得なかった人々に支えられて成り立っているということ。
父や祖父たちによって支えられているということ。
それももう一度教えてくれる作品かも知れません。

娯楽大作をおススメするのは簡単です。
「面白かった!皆も観てね!」で済みますから。
でも、こういう重いものもたまには観ることは、人間として必要だと思うんですよね。
一つの教養として。大人として。



なお、これから公開される映画で注目はこちら。

「蒼き狼 地果て海尽きるまで」

来年3月の公開になりますが、実はこの映画の注目点は、「馬のシーン」(笑)
先日、大河ドラマとの専属契約を結んでいる乗馬倶楽部で馬に乗ってきましたが、そこで、たまたまこの映画のスタッフの方がいらしてました。
(この乗馬倶楽部は、大河ドラマのほかにも数々の映画に馬を提供したり、スタッフが馬に乗れない俳優さん・女優さんの吹き替えシーンに出演したりしています)
この映画、見た目には「うわ、凄い」とすら思わないかも知れませんが、実は、この馬の大群シーンにはかなりの「苦労」や「危険」が隠されてるんですねぇ・・・・。
あまり書くとネタバレになりますので、ここらでやめておきますが、色々聞いてしまいました。
この馬シーンのために、急遽モンゴルへ飛ぶことになったということで、そのとき、スタッフさんが話していたんですが。(笑)
ただ、この映画、「角川春樹」がひっかかるんですけど。
さすが30億円ねぇ・・・と。(皮肉を込めて。笑)


****************************************
さて広告。
「出口のない海」のサイトをご覧になってわかる通り、この音楽は切なさと重々しさをきっちり表現されているかと。映画では、音楽というのは実はとても重要な役割を果たしていると思います。
「ALWAYS 三丁目の夕日」もあの音楽が果たした役割というのは大きかったですねぇ。

というわけで、「出口のない海」サウンドトラック。






スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<逆に困る・・・ | L'arrière du mois | ANOTHER WORLD>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。