L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

お手手繋いでが苦手なの(笑)

昔からそうなんですが、私は、「女の子同士でお手手繋いで」状態がキライでした。いや、ホントに子供の頃からそう。(笑)
気持ち悪くて仕方なかったですわ。
なぜ、トイレ行くにも一緒じゃなきゃいかんわけ?
なんで、手繋いでいくわけ????
とね。(笑)
男脳っていうか、そういうのがホントに苦手で。
人の話の輪に入っていけなければ、自分で自分のことしてたほうがいいわ、と、無理に話を合わせようなどとしませんわ、いつも。
これはもう、会社員になってもそうね。
お昼ごはんのときの話の内容が「ついていけんわ」と思ったら、一人で食べてても全然平気。
周りは「あー、あの人仲間はずれ」って思ってたとしても、私は全然そうは思ってないのね。(笑)

「かつての女性上司」。
この人は「私のこと嫌いなの?」などと逆ギレする人でした。
しかしね、私は心の中でこう思ってましたよ。

「あんたは、好きとか嫌いとか、そういうレベルで仕事しとんのかっ!」とね。ビジネスシーンでそれはないだろ!と。(笑)

一人で何かできない人は、結局、人に頼ることしかできない。
つまり、依存しないと生きていけない。
一人になった瞬間がちょっとでもあると、「寂しい」という思いが生じる。
結局、「共依存状態」になる・・・。
「お手手繋いで皆一緒♪」になる・・・。

私には、これが無いんですよ。ホントに。(笑)
一人で着々と行動するのが好きだし(プロフィール欄にある通りね。はったりでも何でもないの。笑)、人に嫌われようが構わない。
「キライっていう人もいていいんじゃない?そんな小学生じゃあるまいし、皆一緒♪なんてあり得ないでしょ。」
というスタンス。
これは、ビジネスシーンで鍛えられたものでもありますけどね。
でも、それが苦にならなかった。なぜなら、昔からそうだから。(笑)

とか思ってたら、Ju-Kenさんも、ちょっと前に「俺のこと嫌いなやつもいるかも知れないけど」みたいな内容のブログを書いてたよ。

常に一緒にいれば不安が無くなる、などということは決して無い。
むしろ「自分をしっかり持っていれば不安など無い」。
それが無いと、「群れる」という行動によって、「共依存」の環境を作ろうとする。
「常に一緒にいたい」という人ほど、ちょっとした「一人の時間」があると、不安やら猜疑心が生まれるんですよ。


*******************************
というわけで、広告。
この本に書いてあることは、かなりの部分で共感できましたわ。

Gackt 素晴らしきかな人生3


というか、私が思ってたことそのまんまの部分が多かった・・・(爆)

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<なんだかなぁ(笑) | L'arrière du mois | 9.11>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。