L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

あの悲劇の日がまたやってくる。

Gackt氏が、今回の「オリコン・スタイル」の中で、ラルクの「HONEY」、「花葬」のPVがいい、と言ってますが、これはよくわかります。
私は、PVという点では、ラルクの方が好きなんです。
ライブはGackt氏の方が好きだけどね。(笑)

そして、ラルクのPVと言えば、これが非常に印象に残ってます。

あの忌まわしい「9.11」(アメリカ同時多発テロ)の日が今年もまた近づいてきましたが、実は、あの事件、そしてその後の米軍のイラク攻撃、日本の自衛隊のイラク派遣・・・・一連の動きを見ていたときに、ふと思い出してこのPVを引っ張り出してきて観たのを思い出します。

「Forbidden Lover」

これは、あの事件よりずっと以前に作られたものですが、歌詞の内容といい、「戦争というもの、過ちを繰り返す人間というものの悲劇」を描いた名曲だと思います。
進軍を思わせるドラミングから始まるこの歌・・・・。
二度と、これを思い出させるような事件は起きて欲しくない、とすら思うわけですよ・・・。

*********************************
そこで広告。
「HONEY」も「花葬」も「Forbidden lover」も入ってるDVD。
ラルク・アン・シエル「CHRONICLE」





スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<やっちゃいましたか(笑) | L'arrière du mois | 一言叫んでみる。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。