L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

上杉謙信の名言と武士道

今日は、新潟競馬、天の川ステークス。
ヤマニンメルベイユと予想してたのよー!
当たったのよーー!!
(買うなら馬単。笑)
しかし、買ってない。。。_| ̄|○w
馬券買わずとも、予想だけはするのね。なぜなら、秋のG1レースに備えて。(爆)
買ってなくても当たったのはなんとなく嬉しい。(笑)

そして、甲子園では、東京が大阪に勝った。
これもなんとなく嬉しい。(笑)


さて。
先日、ある本を買ってきました。
「戦国武将 名言録」 楠戸義昭 著
「武士道」 新渡戸稲造 著(以前の5千円札の人よ。笑)


戦国武将の名言録ということで、上杉謙信の名言についても出ています。
面白いですねぇ。

「われは兵をもって雌雄を戦いで決せん。塩をもって敵を苦しめることはせぬ。」
これは、いわゆる【敵に塩をおくる】という言葉の元となったもの。
日本海側からの塩の道を絶てば、甲斐・信濃の領民の死活問題になる状況。しかし、謙信は、戦いは正々堂々とするものであって、人の弱みに付け込んで姑息な手段を取るべきではないとして、その方法を取らなかったんですね。

「武士は馬を我が足と思い、弓槍を左右の手と定め、敵を撃つ刃は己の心と考え、常に武道をたしなむ事が、本意の核心である。」

「弓矢の道に携わる者は、それぞれのことに義の道がなければ、武士としての法は立たない。主人に非ある時は我が身をかえりみず意見をすることが義である。己の根気が続く限り諌め、用いられねば、家を去ってもよい。戦場では潔い死を心がけるのが義の頂上である。誰でも死を望む者はいないが、日頃、恩録を受けていることは、ひたすら命に代わるものと観念し、あらかじめ無き身と考えることが義の本である。戦場にあって逃げるのは不義の至極で武士の操ではない。盗賊の徒である。」


なんとなく、こういうあたり、Gackt氏が「熱く語って周りを圧倒してる」というくらいに入れ込んでるのがわかる気が・・・(笑)

そして辞世。
「四十九年一睡夢 一期栄華一盃酒」
(よんじゅうきゅうねんいっすいのゆめ いちごのえいがいっぱいのさけ)
「極楽も地獄も先は有明の 月の心にかかる雲なし」

実は、上杉謙信って、大酒飲みでそれが命を縮める結果となったといわれてるんですが・・・・(笑)
Gackt氏、これは、真似しないようにしましょうね。(笑)


もう一冊の「武士道」は、武士道というのは、ハラキリや戦争とは無縁のものであり、「人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える」という表紙を見て買ったものですわ。
内容はまだ読んでないんですが、このあたりに「義」を重んじた「武士の世界」が垣間見れるのではないかと思って買ったのね。

戦国時代。奥深いですわ。(笑)

********************************
というわけで、その本を広告。

戦国武将名言録


武士道


スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<透明な力「気」 | L'arrière du mois | 土日といえば!>>

この記事のコメント

お邪魔です。
たたたε=ε=ε=(┌ * ̄_)┘

上杉謙信の本読もうと思いつつも
時代物は難しそうで私には眠くなりそう(苦笑)
でも!来年の大河始まる前にはと思ってたりします。
(≧w≦)ドカナ?

*テンプレ変わって初めてお邪魔です。
爽やかで今度のも素敵ですね♪(*´ー`*)
2006-08-12 Sat 22:59 | URL | もんもん #-[ 内容変更]
小説で読んでもいいと思いますけど、もっと簡単な本も色々ありますから、戦国~みたいな本を、ちょっと立ち読みしてみるだけでも面白いですよ。
「女性説」まであったりしますが(笑)
生涯妻帯しなかったなど、ストイックな武将というイメージがありますね。
(そのせいで、結局、養子をもらってたりしますが。笑)

テンプレ、夏だから涼しげにしようかと(笑)
2006-08-12 Sat 23:47 | URL | ららん #-[ 内容変更]
今「風林火山」読んでるんですよ。昼休みに読んでるのでなかなか終わりませんが(笑)
戦いは正々堂々と…というあたりGacktさんの生き様とかぶりそうですね。「女性説」も面白いし、妻帯しなかったし、ストイック?う~ム
とにかく大河のGacktさん楽しみです(*゚∀゚)ノ
2006-08-13 Sun 11:29 | URL | ひろみ #-[ 内容変更]
ものすっごく入れ込んでるのがわかる気が・・・・(笑)
今月末にはもう撮影に入るようですよ。
風林火山は山本勘助があくまで主役ですけど、たぶん、Gackt氏のことだから、他も色々読んでるでしょう。(笑)
2006-08-13 Sun 12:34 | URL | ららん #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。