L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

アフィリエイトのあり方

ここ数日のこの日記をご覧の皆さんはお気づきの通り、アフィリエイトを始めています。
まだ1週間経ってないかと思いますが、既に、売り上げがでてきてます。
お買い上げいただいた方、ありがとうございます。(^O^)

さて、このアフィリエイト。
悪いことでしょうか?
株取引、先物取引と同じようなものと思っていませんか?
汗水流すのが仕事、という固定観念にとらわれていませんか?

例えば、コピーライター。
この方たちは、商品について購買意欲を引き出すために、どういう切り口で宣伝したらよいかを考える仕事です。
広告代理店なんかまさにそれです。
それと同じものなわけです。アフィリエイト。

Gackt氏の「素晴らしきかな人生3」を読んだ方。
あそこに「時間の対価で働くのは愚民」という言葉がありますが、まさにその通りだと、私は思ってます。
定時で終わらせようと思えばできる仕事をだらだらと引き延ばすのは、愚かなことだと思ってます。
工夫次第でもっと短くできる作業というのもあります。
私は、会社で仕事をする場合も、こうした方が効率がよい、と思ったらそうします。
もちろん、手を抜いてはいけない部分については、出来うる限りの労力を注ぎます。
この考え方は、フレックスタイム制・年俸制を取り入れていた会社にいたときに身についたものでもあります。
仕事というのは、工夫次第で、短い時間で済ませられるものもあるということです。そして、余った時間で他の仕事をしてさらに収入を多くするか、自由な時間を取るか、どっちかだと思います。


それと同じ。
アフィリエイトは、工夫次第で出来るものと思います。
ちょっとした時間でできるもの。

私は、アフィリエイトで生活しようとは思ってません。
「大金が入る!」と勘違いする人もいるから誤解が多いんですよね。(笑)
決して、大金にはなりませんよ。
しかし、サイドビジネスとしては、低リスクなものと思います。
(低リターンでもありますけどね。高リターンなものは、おススメしたくなかったりもするし。笑)
株のように、元本が必要なものでもありません。
もちろん、インサイダー取引のような「法に違反した」ものでもありません(笑)

商品を見て、「薦めたい」と思ったら、書く。
強要されているわけでもありません。
薦めたくないものは、書きません。

しかも、私は「書くのがすき」「内容が多岐に渡っている日記を書いている」「アクセス解析により、どんな人がどんな検索をかけて見ているかを知っている」という条件が揃っていたわけです。
凄く古い記事にたどり着く人もいるのね。
だから、始めてみました。

ただね。
自分の日記を、アフィリエイトまみれにするつもりもありません。
そうすると、読んでるほうも「ウザイ・・・」と思うから。
実際、自分でもそういうの見てるとそう思うもん。(笑)
その時々の、自分の日記に適したもの、「こういうのを薦めてみたいな」と思うもの、「うわ、これ面白い!」と思ったものだけ、ちょこっと書く、というスタイルを取ります。

楽しんでお金を儲ける、ということにアレルギーを感じている人も多いのではないかと思いますが、それはちょっと違うんじゃないかな、というのが本音。

たまたま、何か検索をかけてこのブログにたどり着いた人が、「あ、これ欲しい」と思って買うのだから「売る人も嬉しい、書く人も嬉しい、買った人も嬉しい」という画期的なものだと思いますよ。

だからといって、「皆やろうよ」とも言いませんよ、もちろん。(笑)


そして、「Gackt関連のものを出して金儲けしてる!」っていう人がもしいたら、こう言いますよ。

「正規のルートで出てるものを、正規のルートで紹介してますが、何か?つか、自分でもやってみれば?ひょっとして、それが出来ないからひがんでるの?かかってこいよー!オラオラ!!」とね。(笑)



*****************************
というわけで、本日の広告。

Gackt 「素晴らしきかな人生3」


恋愛論については「それはどうかね?」と思う部分もありますが(笑)、仕事について等、厳しい意見も含めて、私は納得いくことが多い本です。
まだ読んでいない方は、ぜひどうぞ。

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<暑い日のメイク技 | L'arrière du mois | 暑いからお部屋で。>>

この記事のコメント

win to win ですね。
いつもさまざまな分野に目配りされててスゴいなぁと思ってます

Gacktさんのものごとに対する姿勢は少し風変わりですが、合理的で納得することも多々ありますよね
2006-08-05 Sat 09:13 | URL | sayu #RW9zqpQg[ 内容変更]
コメントありがとうございます。(^O^)
私が、Gackt氏を好きなのは、決して見た目だけではないんですよね。
音楽性とステージパフォーマンス、そして、物の考え方です。
特にこの「時間ばかりかけて仕事するのは愚民」という考え方は、外資系では一般的な考え方なので、「あ、そりゃ当然」と思いました。
(外資系にいたので、それを叩き込まれてましたから。笑)
世の中、「つるんでないとダメ」とか「皆と一緒じゃないとダメ」とか「自信がない、怖い」っていう人が多いような気がします。
そういう人には、ぜひ、この本、読んで欲しいと思うんですよね。
2006-08-05 Sat 09:46 | URL | ららん #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。