L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ファミリー

Gackt氏の言葉、日記には、よく「ファミリー」というキーワードが出てきます。

私には、いくつかの「ファミリー」があります。
それぞれ、中学時代、高校時代、大学時代、社会人になってから、と色々です。
その中でも、最も繋がりが強いのは、大学時代の友達だと思います。
一緒に寮で生活していた仲間です。
一緒に生活を共にしていた分、お互いの、性格、行動パターンをよくわかっている「ファミリー」です。
そんなに頻繁には連絡しません。
たまーに、楽しいことがあったときに、連絡してみるだけです。
傷の舐め合いはしません。
それぞれが大人だからです。
しかも、皆、個性的で、本物の強さを持った「猛者」です。(笑)

先日、その中の一人Mちゃんに電話しました。
「最近さ、乗馬、嵌っちゃったんだよね。アウトドアに興味持つなんて意外でしょ?」
と言ったら、
「あーでもわかる気がする。【乗馬】ってあたりが。」
と笑われました。
読まれてます。行動パターン。(笑)
そんな彼女も
「最近、やっと、ちょっと子供に手がかからなくなってきたから、本読んでるんだよね。」
と言うので
「どんな本?」
って聞いたら、これこれこんな本、と。
そして私は
「あー。わかる気がする。」
と笑いました。
お互いにわかってるわけです。(笑)

昨年、そんなファミリーの中の最も「まとめ役」であったKちゃんが突然、二人の子供と旦那さんを残して亡くなりました。
皆、悲しみました。
でもその時、暗黙の了解が全員の中に生まれました。

「Kちゃんの分まで一生懸命、悔いなく笑って生きていこう」

だから、笑いあえるときにだけ、連絡します。

そんな、ファミリーと呼べる友達を持っていることができたのは幸せなことだと思います。
あの寮での共同生活が無かったら、あり得なかった友達です。


*****************************
本日の広告。
そんな大切な仲間への手紙に、こんな素敵な封蝋はいかが?
シーリングスタンプとワックスのセットになってます。




スポンサーサイト
別窓 | グッズ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<亀田なんとかについての私感 | L'arrière du mois | 生花と造花>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。