L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

面白かった!!

今帰ってきました~!
いやー。面白かった(笑)
二度目の体験乗馬に行ってきました。
前回とは違って、近隣の乗馬倶楽部です。
この乗馬倶楽部、人が多かったですねぇ。
土曜日ということもあるんですが、というか、馬の数も多いんですが、クラブハウスは大賑わいでした。
小学1年生?くらいの男の子から、年配の方まで様々。

今回、私は、二回目の乗馬ということで、筋肉痛ゼロ。
しかし驚いたのは、最初から引き綱無し!
全く自力!
しかも、馬房から連れてくるところから始まりました。
(最初に、【保険誓約書】に1回騎乗経験有りって書いたから?)
今回の馬の名前は「ヘイグ」君。オス(セン)の栗毛の子でした。
その乗馬倶楽部のHPには、馬ごとの特徴が載ってるんですが、そこにある通り、「気まぐれで怒りんぼう」(笑)
体をブルブル震わせたり、ブヒブヒ言ったり、後ろ足で蹴り入れたり(笑)、しまいにアレやられました・・・。

アブミの上でブーツの

つま先咬まれたよ!(爆)


痛くなかったけどさ。「おいおい!」だよ(笑)

そんなわけで、まずは連れてきてと。
はい、乗りましょう。
はい、馬場へ行きましょう。
馬場・・・・・・このところの雨のため、競馬で言うところの「オモババ」状態でした。
泥だらけ・・・・これ、落馬したらシャレになりませんって・・・(笑)
そんなわけで、引き綱無しで、並足から始まり、速足まで。
ブリティッシュの方がやはりちょっとだけ難しいですね。
アブミの上で立つ→座る→立つ→座る・・・を馬のリズムに合わせて繰り返すわけです。
このタイミングが馬とときどき合わなくなっちゃうのね(笑)
初心者ゆえ。(笑)

指導の方は女性でしたが、とても丁寧。
赤城乗馬倶楽部よりずっと丁寧。
・・・てか、「ライセンスまで取りたい」と言ったからかも(笑)
そこである一口メモを教わりましたよ。
ブリティッシュの鞍に無くて、ウェスタンにあるもの。
それは、鞍の前部についてる突起「ホーン」。
あれね、何のためにあるのか。
元々は、カウボーイが投げ縄をかけておくためのものなんだそうで。
「なるほど!」と納得。
つまり、乗るときに摑まるものじゃないのね本来は。(笑)

というわけで、引き綱無しでもなんとか手綱さばきもできましたさ。

しかし、最後に失敗。

馬場から、クラブハウスまでの短い道のりで、Y字型に道が分かれてるんですが・・・・。

左に行くところを右に行きそうになりました。
思わず「あ。間違った。ごめん」とか言ったんですが、これは・・・

手綱さばきを間違ったんじゃなくて、

騎乗者が方向音痴なんです!(大爆)



指導員の方に「あ、そっちじゃありませんよー。そういうイベントもありますから、そのときにそっち行ってくださいねー」と笑われましたわ。(笑)

てなわけで、指導も丁寧だし。
通おうかなと。
回数券等もあるんですが、とりあえず今回は、次回の予約も入れずに帰ってきました。
ただ、登録だけはしてきたので、次回予約からは、番号だけ言えば、名前や連絡先等全てわかるようになってます。

いや、面白いわ、やっぱり乗馬。(笑)
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ウマ~い | L'arrière du mois | さて!>>

この記事のコメント

ブリティッシュの方が難しいですか?
私もあの、立つ→座るの動作、何度かタイミングがズレて
「おっとっと!」な状態になりました(笑)
でも、乗馬ってホントに面白いですね~♪
2006-07-23 Sun 00:44 | URL | 彼方 #-[ 内容変更]
あの「立つ→座る」、きついっすよ(苦笑)
胃の中の水分がたぷんたぷん言ってて、自分で笑いそうでしたもん(笑)
今の課題は、発進のための脚の扶助の仕方。
これとリズムと両方をやろうとすると、混乱しちゃうのね(苦笑)
「次からは、しばらく、このリズム感の練習になりますね。」と言われましたわ。
しかも、今回、引き綱無しで「オモババ」だったから、「落ちたら泥まみれで電車帰宅?」とか思うと必死でした(爆)
2006-07-23 Sun 01:46 | URL | ららん #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。