L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

嵌ったよ、この本(笑)

「庭の中で」by ホープ・A・トーレス

庭の中に立っていた彼女は、彼がこっちへ駆けよってくるのに気がついた。
「ティナ!ぼくの大事な花!人生でいちばん大切なもの!」
これだわ、わたしが待っていた言葉は。
「ああ、トム!」
「ティナ、ぼくの花!」
「ああ、トム!あたしもあなたを愛してる!」
トムは彼女に近づくと、地面にひざまずき、彼女をわきへ押しのけた。
「ぼくの大事な花!いまきみが踏んづけているのは、品評会に出品する薔薇の花だぞ!」



・・・・・・55語で綴る小話だそうです(笑)
「極短小説」という小品集を読んでるんですが、面白すぎ(笑)
かなりブラックな風刺が多いけどね。
惜しいのは、翻訳の日本語でしか出てないのね。
「55語」と銘打ってるんだから、できれば原文も読みたいなぁ・・・併記されてたら面白いのになぁ・・・・。

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「曲」に注目 | L'arrière du mois | 道に迷ったw>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。