L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

心の傷、縫われたことありますか?

今日、本当は出かけようと思っていたんですよ。
だけど、TVで、本田美奈子さんの追悼番組ばかりやっていて、つい見てしまいました。
この病気に対する憎しみにも似たやりきれなさを抱えながら・・・。
そして、あの白血病で亡くなった「彼」の3年前からの一連の話を思い出しながら、Gacktの「自白」を読み返してました。

「傷を舐めあうより、縫う」
という言葉で思い出したことがあって。

未遂をした後、しばらくして落ち着いてから、何人もの友達にその話をしました。
そのうちのほとんどは、優しい口調で、「そんなこともう絶対しないでね」って言われたかと思います。
でも、正直、あんまり印象に残りませんでした。
ただ一人。
ある友達は、ワタクシの話を聞いて、いきなり、もの凄い勢いで怒鳴り始めたんですよね。
もうホントにびびっちゃうくらいに。
たぶん、面と向かってたら、殴られてたんじゃないかってくらい。(笑)
その友達、昔からキレやすいというか、ワタクシ以上に無鉄砲なところがあって。大学時代に、みんなで酔っ払って道端で大騒ぎしてたら、民家のおじさんが出てきて「今何時だと思ってるんだ!」って怒られたんですが、その子、逆ギレして飛び掛っていきそうになって。(笑)
このワタクシがよ?その子を「まあまあ!」っと、後ろからハガイジメにして止めたんですから。(笑)

まあ、その「もの凄い勢いで怒られた」ってのが、後々まで凄く心に残って。
自ら死を選ぶってことが、周りの人間にとってどんなことなのか、っていうのを思い知らされたわけで。

そして、その後またしばらく経ってから電話してみたら。
逆に泣きそうになりながら
「よかった。死んだんじゃないかって、凄く心配だった。怖くてこっちから電話できなかった・・・・」
って。

たぶん、彼女は、本気で向かってくれたんだと思います。
それが、そのとき、よくわかりましたよ。

その子、以前流産してて落ち込んでて、慰めようがないときがありました。
逆にそっとしておこう、と思って、ずっと電話してませんでした。
で、四国から帰ってきてから、何となく久しぶりに電話してみました。
そしたら。
8月に無事、長男を出産したとのこと。
心の底からお祝いを言ってあげることができました。
「そうか!よかったね!ほんとによかった!お祝い贈るよ!」
って。
「いや、お返しとか面倒だからやめておいて。'`,、(・∀・)'`,、」
と言われましたが。(笑)
クリスマスに、聖母子像のカードでも送っておこうかと思います。

あのとき、傷をざっくざくと縫ってくれてありがとう!(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<いやー反省。。_| ̄|○ | L'arrière du mois | 悲しいニュース>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005-11-08 Tue 07:01 | | #[ 内容変更]
メッセージありがとう。
Gacktは結構、いいこと言ってるよ。(笑)
「素晴らしきかな人生3」が今売ってるけど、それでも似たようなこと言ってるしね。
2005-11-08 Tue 16:08 | URL | ららん #-[ 内容変更]
そのときはなんて乱暴なんだろうと思っても、あとになってみればああよかった、と感謝できることもありますよね。
逆に静かに見守ってくれてありがとう、というときもあるし。
ま、いろいろだね。

本田美奈子さんのこと。
ご存知のように親族が血液疾患で闘病中です。
他人事とは思えず、ただ残念としかいいようがありません。まして本田さんは若い・・・早すぎるよね。
これから才能が花開くところだったのだろうに。
つらい闘病生活から開放されて今はしずかにやすんでおられることと思います。
2005-11-09 Wed 11:01 | URL | 元検査器械屋 #-[ 内容変更]
最近、運命論者になりつつあるような気がするんですが(笑)、そのとき出会った人、言葉、物、全てが、偶然のように見えて必然だったんじゃなかろうかと。
特に、言葉は、言霊といって、魂入ってることがありますからねえ。

やっぱりね、あの病気に対しての、自分の中でのやりきれなさは、自分の想像を遥かに超えてましたです・・・。
今闘病中の方たちにとっては、それすら遥かに超えたものがあるだろうと思いますが。
彼女は、「アヴェ・マリア」や「アメイジング・グレイス」を録音してましたよね。
あれを、神様が側で歌ってもらいたかったんじゃないだろうか・・・・そんな気がしてます。
きっと、あちらで今ごろ、輝くように歌ってらっしゃると思いますよ。

元検査器械屋さんの親族の方のご病気も、なかなかやっかいな分類のものですよね・・・・。
良くなることをお祈りしています。
そしてなにより大切なのは、病気の方の周りにいる我々が元気でいて、可能な限り応援すること。
それじゃないか、と思いますよ。(^o^)
2005-11-09 Wed 11:23 | URL | ららん #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。