L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

多摩蘭坂

先日、たまらん坂へ行ってきました。

ここは、忌野清志郎ファンにとっては、聖地となってる場所。


多摩蘭坂
↑実際に「たまらん坂」で弾き語りをしたときの映像。

今日が49日となる、キヨシロー。
無宗教の葬儀をしたキヨシローにとっては、何の意味もない日ではありますが、近隣の方々は、この日を機会に、ここを片付けるということにしたようです。
そりゃそうだ。管理をするのは大変なわけで。
どこかで区切りをということで、今日をその機会にしたようです。
その前に・・・・と思って行ってきました。

PICT2219-11.jpg
こんな、普通の住宅街の一角にあります。

PICT2216-11.jpg
普通の坂の標識があるだけなんです、本来は。

そこが今、こういう状態。
CA390545-11.jpg

PICT2214-11.jpg

ファンの皆さんの熱い思いが伝わってきました。
場所云々の前に、その品の数々を見てたら、それで胸が熱くなってしまった。(苦笑)

PICT2215-11.jpg
こんな風に、ご近所の方が、ちゃんと管理してくださってたのには、頭がさがります。

中のノートに、メッセージを書いてきました。
自分の中の気持ちにケリをつける意味もあって。
実際、この場所を訪れることによって、そうしてる人も多かったような気がします。

箱の上に書いてある通り、モノを持ち去る人がいたり、騒ぐ人がいたりで、色々と問題もあったようですが、近隣の方は、暖かい目で見守っていたようです。
でも、いつまでもこのままというわけにはいかないため、今日を境に片付け作業をするようです。

それを知っていたので、薔薇を一輪だけ持っていきました。
片付ける方も大変でしょうから。
それを買うために入った、途中にある花屋さんで、たまらん坂への道を尋ねて、今度49日があるんですよ・・と言ったら、「もうそんなになるんですね・・・」と感慨深げにおっしゃってました。

地元の方々にも愛されてた方なのがよくわかりましたよ。

反骨精神の持ち主でもあるけれど、とてもシャイで礼儀正しい方だった・・・・。
それを、地元の方もちゃんと理解して温かい目で見守っててくれたわけで。

たまらん坂の前に立って。

ただただ感謝の念でいっぱいになって。

ありがとう!と共に、手をあわせて、やっと気持ちにケリがついたような気がしました。

忌野清志郎さん、あなたの社会に対する厳しい批判精神と、本当の優しさは、あなたのファンに、確実に受け継がれています。
そのファンを、空から見守っていてください。

愛してまーす!ラブ&ピース!


******************************
では広告。

オリコン、デイリーランキングで5位に入った、キヨシロー最後の曲。
忌野清志郎「Oh!RADIO」




タワーレコードからもどうぞ。




エレガント系の夏服はいかが?




他にも楽天からどうぞ。(^O^)





スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<余韻。 | L'arrière du mois | ロックは生き方だ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。