L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

仕事が落ち着いてきたら、これに参加したい。(´∀`)

まだまだ、仕事を始めたばかりなので、収入が安定しておりませんが(笑)

落ち着いてきたら、この会の会員になりたいなぁ・・っと。

ルーベンスメモリーが引退したときにも、色々と心配しました。
これまでにも、色んな馬が引退したときに、それぞれの馬のファンが、それぞれに尽力して、こういう活動を行ってきました。
もちろん、全ての馬を救うことなんてできないのが現状です。

でも、こういう活動をしているところが、きちんと組織化されてきている昨今。
繁養先の牧場もちゃんとしたところです。

フォスターペアレントの会

その馬に会えなくてもいいんです。(会えるらしいけど。笑)
ただ、元気でいてもらいたい。遠くで「元気かなぁ。(´∀`)」と思うだけでいい。
ほんの少数の馬でしかないけれど、それでもこういう形で、幸せな余生を送ることができるのだとしたら、それはとても素敵なことだと思います。

正会員で月額1000円。

月額1000円・・・・どっかで見た数字と同じですね。(笑)

ネットのサイトやブログを全て無料で前々からやってる私としては、あの「月額1000円」はナンセンスだと思いました。
むしろこっちに「月額1000円」を使いたいと思いましたわ。

競走馬の数はとても多いです。
その全てを牧場でいい余生を過ごさせてあげることができるとは思いません。
でも、その中のちょっとでも、こういう会によって、余生を過ごさせてあげられるのなら、そこに意義はあるよなぁ・・・と思うんですよね。

もっと、牧場側の受け入れ体制や会員数が増えたら、一頭でも多く、引退後の余生を保障してあげられるのではないかと思います。
月額1000円ということは・・・・たぶん、彼らのえさのちょっとを補ってあげられるくらいに過ぎないと思いますが。(^^ゞ

うん。もう少しして、収入がきちんと安定したら(笑)、この会に入ってみようと思います。
(´∀`)


**********************
さて広告。

これの前のやつは持ってるんですが(笑)
実際に会いにいける馬たちの居場所がわかる一冊です。
「「あの馬は今?」ガイド(2007ー2008)」




今話題の映画(?)のオフィシャルブックです。
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師オフィシャル・メイキングブック」




寒い冬の日が続いていますが。
そんなときは、こんな暖かくてカワイイスリッパを。他にも色々あります♪
「かわぃ~タオル地のわんわんスリッパ 」




スポンサーサイト
別窓 | | コメント:4 | ∧top | under∨
<<二頭の馬。 | L'arrière du mois | こっちもおめでとー!゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ >>

この記事のコメント

馬の繋養は純粋に食べるだけなら、3万そこそこ、ワクチンとか、その他の薬、その他の馬具など含めて6万円っていうのが多いです。
友人は自分で3万、残り3万を会員で負担っていうシステムでやってます。
生産牧場に置いてもらえばそのほうがいいんですけど、なかなかそうもいかないのが現状。
でも少しでも救われる馬が増えるといいですね。
2008-01-20 Sun 07:39 | URL | 元 #JalddpaA[ 内容変更]
乗馬クラブでも、自馬会員さんの預託馬料というのは、最低でもそのくらいしますね。
他に、具合が悪かったりすると、獣医さんにかかった費用とか、諸々が発生するようで、クラブハウスで請求のやり取りを見たことがあるんですが、凄い金額でした(笑)

このシステムは、少ない金額でも参加できるというのが、いいなぁ~と。
競走馬の馬主さんや、乗馬の自馬会員さんのようにお金持ってなくても参加できる…単にその馬が好きだったという一般の競馬ファンも参加できるというところに意義があるかと思います。

もっとこういう制度が、JRAをも含めて盛んになってくれたら…と思いますね…競馬ファンとしては。
(^-^)
2008-01-20 Sun 08:32 | URL | Lady Raran #-[ 内容変更]
JRAにも功労馬助成制度があって、重賞勝ち馬には月3万円が補助されますね。クラシック勝ち馬はJRAが引き取ってくれます。
乗用馬も年取れば働けなくなるわけで。そのへんがつらいところですね。
2008-01-21 Mon 18:16 | URL | 元 #JalddpaA[ 内容変更]
功労馬はそうなんですよねぇ・・・。
だから、逆に、ルーベンスメモリーのように、隻眼でかつ重賞レースで勝てなかった馬は心配だったんですよ・・・。
体はまだ大丈夫なのに、致命傷を負ったわけじゃないのに・・・というのが一番辛い状態ですね。
そういう馬が一頭でも減って、ゆったりと余生を暮せるようになってくれたらいいな・・と思いますねぇ。
(^O^)

2008-01-21 Mon 18:30 | URL | Lady+Raran #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。