L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

気になる音楽は皆「フィンランド」だった。

おお。久々にカテゴリが音楽だわー(爆)

実は、写真ブログにBGMをつけるために、You●ubeを見まくってまして、最近。(笑)
そこで「お?」と気になった音楽というのが、なぜか「フィンランド」のものが多いんですねぇ。

フィンランドといえば、ハノイロックスあたりからもう「お?」でしたが(笑)、もっともっと面白いのが沢山。

今年初めくらいから嵌ってしまったHIMもフィンランド出身。
ヴォーカルの美貌もさることながら(爆)、聞きやすい音だと思いますね。
しかも、耳に残るメロディアスな音。
歌い方がちょっとHydeに似てるかも。(笑)

Pretending by「HIM」

And Love Said No by「HIM」


そして、Nightwish
こちらは、女性ヴォーカル。
シンフォニック・メタルという言葉で表現されるとおり、単なるゴシックではない広がりを感じる音。
こちらもくせになる音楽です。
女性の声がとても澄んでいて、それがなぜかバリッバリのメタルに合うという。(笑)

Nemo by「Nightwish」


Bless the child by「Nightwish」



さらに、Apocalyptica
これはびっくり。え?と思いましたわ。
チェロなんですよ。これが、メタルと融合。
チェロのみのものから聴いたんですが、メタル化したのを聴いたときにはびっくりしましたねぇ。
こういうのもあるんだ!と。(笑)

The Unforgiven by「Apocalyptica」

somewhere around nothing by「Apocalyptica」


この3つに共通しているのは、USA系には無い、「そこはかとない物悲しさ」が漂っていることかと。
これって、クラシックの「シベリウス」あたりからのお国柄かも知れません。(笑)
↑本気にしないように(爆)


***********************
さてそこで今日は音楽の広告。
まずは「HIM」

「Love Metal Archives Vol.1」
HIMはぜひとも映像でお楽しみいただきたい、ということでDVDにしてみました。




そして、Nightwish。
残念ながら、ヴォーカルのターヤが脱退してしまったとのこと。
その最後のステージのDVD。
DVDだけどお得な値段。ヴィジュアル的に美しいバンドは、ぜひともDVDで見たい。(笑)

「エンド・オブ・アン・エラ」




最後は、apocalyptica。
こちらもDVD。なんと言っても、チェロが圧巻。
「The Life Burns Tour」
なんと、5月18日に発売されたばかりです。(笑)





いんや!CDで欲しい!という方はこちらから検索してください。(笑)



HIMは、Tシャツまで出てます。何気に欲しかった・・・(笑)


スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<親と馬なら馬を取る(爆) | L'arrière du mois | よく寝た~(笑)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。