L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

わははは。

来年の大河ドラマ「風林火山」の上杉謙信役はGackt氏。
ということで、上杉謙信グッズを色々探してみました。
はい。この日記は、全体が広告です(笑)

まずはこれ↓

謙信Tシャツ


以前、毘沙門天(謙信が信仰していたので有名)の「毘」の字が入ったTシャツとか見たことはあったんですが、どうにもこうにもイケてない。(笑)
しかし、このシルエットTシャツはなかなか。むしろ、Gackt氏本人に着てもらいたいですわ。(笑)

そしてこれ↓

銘酒 越乃景虎(こしのかげとら)


景虎とは、謙信が改名する前の名前ですね。それをつけたお酒。
なんだか売れてるようです。これもGackt氏本人に、あおるように呑んでもらいたい。(笑)

極めつけはこれ↓

上杉謙信ドラえもん


なんで「ドラえもん」なんでしょうか(笑)
凄いな、お土産もの!(笑)

しかし、こんなので予習するのもいいかと↓

天と地と-HEAVEN&EARTH-地ノ盤


これ観たことは無いんですが、上杉謙信と言えば、どちらかというと、「天と地と」(海音寺潮五郎著)の方が有名なのは確か。
それを原作とした映画ですので、こちらの方が、上杉謙信という人物を知るにはいいかと思います。
そして、来年の大河のGackt氏演じる謙信と比べてみるのも、また面白いかと。

他にも、検索すると色々出てきて面白いですわ。
上杉謙信グッズ(笑)

なお、確かな筋(番組制作サイドの方)から聞いた話によると、既に衣装合わせを行っており、謙信の役柄について、Gackt氏自身かなり熱く語っていたそうで、その意気込みに周りが圧倒されてたとか。
とすると、既にこんなグッズを手にしているかも知れません(笑)
スポンサーサイト
別窓 | グッズ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

おお。上映日程決定!

友達のベーシストNちゃん(去年、Gacktツアー2箇所で一緒に参戦。でも、実はふる~~~~い友達。笑)が、ボランティアスタッフ兼エキストラとして、死ぬほど頑張った(笑)、あの映画の上映開始日が決まったようです。
公式サイトに出てました。↓

「フラガール」

このサイト内の「特報2」を見てるとねぇ。
色々聞いてた裏話があったので、
「あー!これのことか!」
「あれ?このシーンに出てるの?」
「なるほど!このシーンは、そりゃ泣くはずだ!」
とか思って見てました。(笑)
エキストラが多いシーンでなかなか人を集められない・・・とか、造花を万単位の個数でせっせと作ったとか、エキストラでも演技指導があったとか・・・・・色々、そりゃもう、苦労したようです。
有名俳優さんが来るからと、ちゃらちゃらと根性無しが来ては結局すぐに辞めてしまったボランティアも多いそうで。
ボランティアとはいえ、立派な「スタッフ」なんですよね。
それを、Nちゃんは、ちゃんと意識して頑張ったわけです。
「特報2」の最後の方に、ステージを見守る観客が「わー!」と感動するシーンがありますが、これが、「人集めに大変!」と言っていたシーン。
Nちゃんは、このシーンを撮り終わった瞬間、そして、試写会で泣いたそうです。(笑)
内容も、感動の物語。
時代背景は、昨年大ヒットした「ALWAYS 三丁目の夕日」より少し後。
しかし、「フラダンス」という内容も含まれるので、様々な人が楽しめる映画ではないかと思います。
惜しいのは、まだまだ上映館が少ないことですねぇ。
人が大勢観に来て、評判になれば、もっと上映館が増えるのではないかと思います。

***************************
今日の広告(笑)
この映画のロケ地はいわき市。
そして、実はその「いわき」が本拠地のスィーツ。「アリスのチーズケーキ」
↓クリックすると注文ページへ♪



私、これ知らなかったんですが、有名らしくて(笑)、以前、Nちゃんが送ってきてくれました。
美味しかったんですよ、これが。ぺろりと行っちゃいました。(笑)
パッケージも「日比野克彦さん」デザイン。とってもオシャレ。
ちょっとした贈り物にもいいかも知れません。(^O^)


別窓 | 映画 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

花火の季節ですねぇ。

結局、書くことが好きなので、ブログは止められませーん。(笑)

花火の季節がやってまいりましたねぇ。
今年はTVで見るだけですが(笑)、数年前に、東京湾花火大会を、会場まで見に行ったことがありました。
そのとき一緒だったのは、強面で身長が高い、某バンドマン。(笑)
腕に、タトゥーが、どーん!と入ってました。
私は浴衣、彼は作務衣(なんで作務衣なんじゃ!と思ったけど。笑)でしたわ。
そのバンドマンが、「暑い!」と、両袖を捲り上げてたんですが、タトゥーが丸見え・・・。
ええ。皆、避けて歩いてくれたので、便利でしたわ。(爆)
帰りになぜか、モツ煮かなにかを食べたかと。
月島だったので、もんじゃ焼きだろ!とか思いましたが、アレは食べたことが無いので、却下。だって、見た目が。(笑)
そして、私はなぜか、浴衣に下駄というスタイルになると、必ず、足が血まみれになります(爆)
そんな花火大会の思い出でした。

****************************
今日のおススメ商品。
そんな花火大会にはこんな浴衣はどうでしょう?
地味な感じではありますが、イイ女風に着れると思います。
かなり「粋」な感じ。私はこういうのが今年はオシャレだと思います。
しかも、お値段安いよ(笑)↓クリックでご覧あれ。(笑)



別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

こっ、これはっ!(笑)





Gacktファン、Youファンの間で噂のアレを発見!(笑)
上の画像から、直接、お買い上げできます(笑)

先日、このマスコットを携帯電話にぶらさげてるサラリーマンのおじさんを、郵便局で見てしまいました。
'`,、(・∀・)'`,、
別窓 | グッズ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ぬはぁ~ハーツクライ!

2・3日お休みするつもりでしたが、ハーツクライが・・・・(笑)

イギリスのアスコット競馬場に行ってた、日本の名馬「ハーツクライ」(去年の、Gacktツアー東京ドームのときの【有馬記念】で、あのディープインパクトを破った馬ですよ)が、3着になりました。
昨夜、放送されてたのを見てたんですが、最後の追い込み、一瞬、一位になってたんですよー!
なのに、もう、ホントに半馬身くらいで負けてしまいました。

でも、3着は素晴らしいですわ。
感動しましたわ。

お疲れ様、ハーツクライ!(^O^)

・・・と、これはやっぱり書きたかった。(笑)
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

えー。

あえて書きましょう。


そこの、とある病院関係者の方!

ここブックマークしてもムダですよー!(大爆)

ここ経由で、ある人のブログ見て、

それをコピーして周りに回すような陰険なそこの人!

ムダですよー!(笑)

つか、言っておきましょう。


「あほかっ!」(笑)


眠れぬ夜の戯言の散文詩、もう一回かきましょか?(大笑)

当てはまる人は、たーくさんいるわけですけどね、色んなところに。(笑)

妬み、僻みで蠢く者よ。
汝の名は愚者なり。

驕りたかぶり、上からものを見る者よ。
汝の名は愚者なり。

自らの悲劇に酔いしれ、自分を見失う者よ。
汝の名は愚者なり。

弱さを撒き散らし、傷を舐め合う者たちよ。
汝らの名は愚者なり。


汝の名は愚者なり。
汝の名は愚者なり。


いつか真実の悲劇が襲う。
汝の名は愚者なり。


そして付け加えましょう。


人を陥れるために、陰で蠢く者たちよ。

汝の名は愚者なり。


必ずや、真実の悲劇が襲うであろう。

汝の名は愚者なり。

泣いても喚いても、その運命は変えられない。

汝の名は愚者なり。


リモートホスト、アクセス時間、全て晒して、サイバー警察に突き出しましょうか?(笑)
ここ、二重・三重にアクセス解析が入ってるのをお忘れなくね。(笑)

なお、これを晒しておきたいので、2・3日、ここのブログをお休みします。
よーく見ておいてください!そこの人!(笑)

別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

眠れないから、乗馬について語っちゃうぞ(笑)

むむぅ・・・・。ちょっとまた睡眠のリズムが狂ってますな。
またしても眠れません。
早寝を心がけないとこりゃマズイなぁ・・・。


さて、お金あまり無いながら、昨日、アマゾンで本を2冊買いました。


一冊目は、

「虹列車・雛列車」(文庫)花村萬月著

これは、サイドバーにある通り(笑)、花村萬月氏(芥川賞作家さんです)自らおススメの自著。
それが文庫となってつい先日発売されたものです。
読んでみたかったのね。

そして二冊目は、

「乗馬をはじめよう-16POINT 出会いから乗馬まで」

ホントに秋口には(仕事始められたらすぐにね。笑)、まず5級ライセンスを取ろうと思っているので、その筆記試験のためにも、基本となるものをちょっと今から勉強しておこうかと思って。
買った方のレビューによると、図説もわかりやすい、とか。
用語とか、脚による扶助(ウマへの指示の与え方)とかまだよく解ってないので、やっぱり知識だけでも頭に入れておこうかと。
もちろん実地じゃないと解らないことも沢山あるだろうけど、読んでおいて損はないかなぁ、とね。

その実地。
5級ライセンス取得2日間コースとか、3日間コースとか、色んな乗馬クラブさんでやってます。
それをね、3連休のときにやろうと思ってます。
(私の仕事は、ほとんど週休二日の場合が多いし、秋には3連休が沢山あるから)
2日間コースだと、結構きついスケジュールなので、3連休の最初の2日間でこなして、3日目は家でぐったりしてよう、とか(笑)
なぜここで集中コースで取ろうとしてるかというと、先日行って来て、通おうかと思ってる乗馬倶楽部さんは、年に2回しかライセンス試験をしないため、とりあえずは、初心者でもすぐに取れる5級を取っておいて、来年に4級を目指してコツコツやろうかなぁ・・・ということで。
(結構、着々と計画的。笑)

夏のうちにやってもいいんですが、実は、先日乗ってきた乗馬倶楽部さんで感じたのは、ウマに跨るのって、「暑い」んですよ。
外でやるから暑いというより、むしろ、ウマの体温を脚の内側全体で感じるからなんですね。
ふと気を抜いた瞬間・・・
「なんか、じわーっと暑い・・・( o_o)」とか思ってました。

これ、なんとなく、夏の暑い日に彼氏と腕組んでベッタリくっついて歩いてて、ふとした瞬間、我に返って「なんかやっぱり、暑苦しいかも・・・」と思うのと似てるかも(笑)
愛はあっても、やっぱり暑い、みたいな。(笑)


ウマは、カワイイですよ。
愛情感じますよ。

PICT0647.jpg


そして、乗馬というのは、年を取ってもゆっくり歩く程度ならできる「スポーツ」でもあります。
私は、スポーツってやらないんですが、ここでライセンスまで取っておけば、年取っても楽しめるスポーツ、というか、趣味が出来るな、と思ってます。
ちょっと郊外に遊びに行ったとき、そこに乗馬倶楽部があれば、ビジターで乗れる、みたいな。
これがいいな・・・・と思ってるところですわ。

それと、ウマって、通常、東京のような都会に住んでると、触れる機会があまりない「大型動物」なんですよね。
犬やネコは、自分より小さいんですが、ウマって、大きいですから。
でもカワイイ。
アニマルセラピーっていう言葉がありますが、大型動物でのそれって、なかなかあり得ません。
それも面白いところかと。

昨日、うちの大家さんと会ったときに
「いやー最近、ウマに乗るのが好きになっちゃって。はははは!」
とか言ってたら、
「それはいいことよ。若いうちに大いにやったほうがいいわよ。」
と言われましたわ。


いや、私は別に、乗馬倶楽部の回し者でもなんでもないんですけど、ついつい、語っちゃいましたわ。(爆)


別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

えええ?Σ(・ω・ノ)ノ

なんとなくつけてたTV。

ポンキッキなのか?これは?
あのミドリのと、赤いの(名前なんていうんだっけ?爆)が踊ってた。子供たちと一緒に。






歌が・・・・・





最初、何言ってるのかわからなかったんだけど・・・・











ごんご、どーだん♪ ごんご、どーだん♪
しんら、ばんしょー♪
いふう、どうどー♪





















はぁ?Σ(・ω・ノ)ノ




言語道断、森羅万象、威風堂々・・・・・










子供は意味、わかってんのか?これ。(笑)


ちょっとシュールで怖い・・・・(笑)



別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ユナイテッド93

リンク先の「へにょへにょ日記」(管理人:彼方さん)さんのところから頂いてきました。
この夏、この映画が公開されるようです。

「ユナイテッド93」

これは、アメリカを恐怖に陥れた、2001年9月11日の物語。
このときハイジャックされたのは、4機。
(情報が錯綜している状態のときは、11機と報道されていたかと記憶しています)
うち2機は、WTCに激突、1機はアメリカ国防総省(ペンタゴン)に墜落。
そしてもう1機は、ホワイトハウスに向かうつもりだったかと。
しかし、乗客・乗務員の手によって阻止されたと言われています。
その、たった1機、ハイジャック犯の目的地とは違う場所に墜落した「ユナイテッド93便」の物語。

このサイト内の、93便家族の方からのメッセージが印象的です。
「人生には、困難が多くあります。この映画に関わることは正しいこと。だから、その困難に立ち向かいます。事件は起き、わたしたちは向き合うしかありません。あの人を思い出し、生かしておくほうがよいのです。」

私は翌年の、10月にNYへ行きました。
そのときのことを思い出します。
「グラウンド・ゼロ」のプレートに刻まれた、犠牲者の名前の数々。
それ以上に、93便の犠牲者もいたわけです・・・。

PICT0043-1.jpg


この事件の記憶は、決して風化させてはいけません。
そのためにも、興味本位ではなく、心して見るべき映画かも知れません。
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

なんでじゃー!

「メロメロパーク」に、また、「お友達になりたがっています」なメールが・・・。
しかし、またしても「英文」で来たよ・・・_| ̄|○w
すみません。

私、韓国語や中国語のブログは読めません!(笑)

つーわけで、またしても
「I can't read your blog,sorry」なメールをお返ししなければ・・。
だって、読めないブログの方とお友達になっても、こっちとしてはどうしようもないんだもん(苦笑)

えー。
日本語の出来る方、お願いします。(笑)

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

病とその周囲。

さっき、「奇跡体験アンビリバボー」を見てました。
まあ、最初のほうの「睡眠障害」の特殊例は、うっそーん・・・そんな睡眠障害ってあるんだぁ・・・とか思って見てたんですが。

その後のね。
紫斑病を患って、それを克服して、さらにクモ膜下出血から立ち直って・・・という、音楽家の方の話を見ていて、ふと思い出したんですよ。

中学のときに、手足に紫の痣が無数にある女の子がいたんです。
同じクラスにね。
それで、それを理由に(まあ、本人が大人しくてほとんど話をしないという性格もあったんですが)、クラスの不良たちがいっせいにイジメを行ってたんです。
それも酷いイジメでした。
殴る蹴る、です。
机ごと振り落とされるほどの。
クラスの他の人たちは、我関せずで、知らぬふり。
そんな状態でした。

あまりに酷いので、ある日、私は怒ったんですよ。
「いいかげんにしろ!彼女に謝れ!」って。
(この頃から既にそういうヤツ。爆)
不良どもに、頭、下げさせました。
そのおかげで、私自身が、危ない目に遭いそうになったんですけど(爆)
反撃してもよかったんですけどね。
しかし、そこはほら、優等生だったので(爆)、自分の内申書に汚点をつけたくないので(笑)、

逃げました!(爆)




と、さっきそれで思ったんですよ。
あのイジメられてた彼女、実は、この紫斑病っていう病気だったんじゃないだろうかと。
だとしたら、担任の先生は知っていたはず。
そして、彼女がイジメを受けてるのも知っていたはず。
でも、そのときの担任は、かなり無責任な人でした。
だから、何も言いませんでした。イジメについてもね。

あのときね。
先生、知ってたんなら、ちゃんと皆に説明したほうがよかったんじゃないか、って。
病気なんだから、って。
そのほうが、イジメをする方も、納得できたんじゃないだろうか、って・・・。

教員って色々なんですよねぇ・・・。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

君に逢いたくて。その2

昨日書いた日記、「君に逢いたくて」。
このときに書いたAさん。
Aさんに、共通の友人皆で、暑中見舞いをいっせいに出すことになりました。
さきほど、やはり共通の友人L氏にも連絡しました。
「年賀状も書中見舞いも出さんのが主義なのだ」
とか言ってました(笑)が、
「考えておく」と。

L氏も他の皆さんも、うちのリンク先であり、私にHPの作り方を教えてくださった「THE BOTTOM」さん(ホモエロサイトだけどさ。爆)で出逢った人たち。
皆さん、ちゃんと人との距離感が大人である方たちだと思います。
L氏も、時々ギャグや妙なメールよこしますが(笑)、変にムキになったり感情的になったりしない人です。

また、他のリンク先「ペテン師達の宴」さんで出逢った皆さんも、同じように節度ある人たち。

共通して言えるのは、変な競争心無く、それぞれを尊重し、かつ、距離感がきちんとしている、そして、感情にムラが無い、節度ある皆さんということかと。

ネットでの人間関係は、急速に親しくなるのは逆に危険、というのが、これまでの経験上言えることではないかと思います。


Aさんが、暑中見舞い攻撃(笑)で、少しでも笑顔を浮かべてくれたらそれでいいと思います。
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

高いところが苦手さ♪

えらく強そうに見える(爆)私にも、そりゃ苦手なものもございます。
'`,、(・∀・)'`,、

高いところねー。
高所恐怖症なのねー。(笑)

バンジージャンプなんかする気がしれんよ。
スカイダイビングなんか、もってのほか!
つか、絶叫マシーンって何のためにあるの?
ほわぁ~い???

結構高層のビルなのに、ガラス張りのエレベータ。
なぜ作るの?
ほわぁ~い????

ええ、もう、リフトすらイヤですから。(笑)
東京タワーの下が見えるところ、絶対イヤですから。(笑)


子供の頃、高いところから落ちる夢をよく見てたからかしら?
ほわぁ~い?????
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

なんか面白いなぁ(笑)

いやー。
アクセス解析を見てると色んなことがわかりますわー。(謎笑)

一番笑えるのは、「検索語句」なんですが。
「Gackt」で検索する人が多いのは、まあ、わかるとして。

「元カノ 境界例」とか(元カノがそうだったのかい?笑)

「ペーゼラ エロ」とか(アニシア・ペーゼラっていうスケート選手のエロが見たいわけ?笑)

「全国 美少年コンテスト」とか(何でうちのブログがひっかかったのか不明。笑)

「田上君リタイヤの真相」とか(田上君なんて書いたっけ?笑)

「gackt コス 影」とか(なんだそれ!笑)


すみません。
アクセス解析でかなり爆笑させていただいてます。(大笑)

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

眠れぬ明け方、戯言。

ねむれませーん(笑)
眠剤がきいてませーん(笑)

んなわけで、お目汚しな、散文詩を一発。

meisou-1.jpg




妬み、僻みで蠢く者よ。
汝の名は愚者なり。

驕りたかぶり、上からものを見る者よ。
汝の名は愚者なり。

自らの悲劇に酔いしれ、自分を見失う者よ。
汝の名は愚者なり。

弱さを撒き散らし、傷を舐め合う者たちよ。
汝らの名は愚者なり。


汝の名は愚者なり。
汝の名は愚者なり。


いつか真実の悲劇が襲う。
汝の名は愚者なり。



んなわけで、もう一度、寝てみます。
おやすびー(笑)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

川中島の戦い。

昨日のNHK「その時、歴史が動いた」を見ましたでしょうか?
これ、今回は「川中島の戦い」の特集でした。
つまり、来年の大河、「風林火山」の最も盛り上がるシーンにあたる場面です。

「川中島の戦い」


上杉謙信は、武田信玄の陣地に一人斬り込んで行くんですねぇ。
もう、「放生月毛」(白馬)に乗って、抜き身の刀を振りかざしながら叫ぶGackt氏が目に浮かびましたね。(笑)
そのシーンだけ視聴率倍増!みたいな。(笑)

上杉謙信と武田信玄。
この番組を見る限り、「よきライバルであり、よき友」であったのではないかと。
実際には「友」ではなく、戦いの相手なのですが、非常によく「心」を読んで動いてるんですね、お互い。
そして、信玄が亡くなったと聞いた謙信は号泣、信玄は家臣に「謙信を頼れ。あれは義あつき男だ。」と言い残して死に行く・・・。

なんかもう、いいじゃないっすか。
カッコイイじゃないっすか。
戦国の武将として最高じゃないっすか。
謙信も信玄も。(笑)
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏はこれ!(笑)

夏といえば、この人。

そう、「稲川淳二」さーん!はい、拍手!パチパチパチ!

そんな稲川さんの季節(笑)、ツアーがあるようですよ。

「稲川淳二ミステリーナイトツアー2006」

いやー。
私は怖い話、大好きなんだよねー。(笑)
ホラー映画も一人で観にいっちゃう。
これも、観にいきたいくらい。(笑)

しかし、ツアーグッズで大ウケしちゃいましたよ、稲川さん。(笑)


別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

えええ?

今日の東京は、晴天です。
というわけで、シーツなどの大物の洗濯をしております。
で、外を見てたら、自転車の人が通りすぎていきました。





なぜか・・・・・・その人・・・・




透明なビニール傘をさしてました。









なんで?( o_o) w
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

君に逢いたくて。

「君に逢いたくて」。
このGackt氏の曲のCDを、ある人にプレゼントしたことがあります。
ちょうど出たときでは無かったんですが、まさにそんな気分だったから。

彼女は、うちのサイトに出入りしてくれていた人でした。
Aさんと言います。
Aさんとは、別サイトさんで知り合いました。
いつも周りを明るくしてくれる人でした。
彼女が、何かの病気を背負っていることは、薄々感じていました。
ある日、彼女とメッセンジャーで話しているとき、その病名を告げられました。
「私、こういう病気なんだ」
と見せられたのは、その病気について説明してあるサイトさんでした。
「後縦靭帯骨化症」
それが、彼女の病名でした。
介護が必要となる病気です。
徐々に、しかし確実に、体が動かなくなる、病気です。
微塵もそれを感じさせない明るさが彼女にはありました。

東京に来たい、と言っていました。
ある絵が見たいから、と言っていました。
おいでよ、案内するから、と私は言いました。
けれど彼女は。
「行っても見られないの。」
「どうして?」
「首が上げられないから。」
涙が出ました。
でも、メッセンジャーでは伝わらないのが幸いでした。
「大丈夫!絵をおろしてもらおうよ!大学の恩師に頼んで、学芸員さんに話をつけてもらうから!」
私はそういう内容のことを言いました。

彼女は、結局、悪化し、PCの前にいられなくなりました。
携帯で電話しても、はぁはぁと苦しそうになりました。
そして、ついに、電話に出られなくなりました。

私と、共通の友人3人で、バレンタインにプレゼントを送りました。
その中に入れたのが「君に逢いたくて」でした。

女子アナのように透き通った彼女の声。
そのmp3ファイルは、まだ、私のPCに保存されています。
以前のPCが壊れる前に、CD-ROMにちゃんと入れておいたのです。




別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

東京という街

そういえば東京に来て何年になるんだろ?
とか思ってました。
(あえて、言わない。笑)
「若いうちは楽しい街だよ」とよく言われますが、それぞれの年代で楽しめる街じゃないかと思います。

densha-1.jpg



最初に来たとき?
就職するなら東京、と決めていたから。
地元に帰っても公務員くらいしか無いというのが正直なところだったし、「色んな体験をしたい」というのがあったから。
だから、転職もいっぱいしてます。
飽きたとか、イヤんなった、というわけじゃないのね、これまでの転職。
色んな職場を経験することによって、色んなキャリアが出来てくるんですよね。

その一方で、遊ぶだけ遊びました(笑)
仕事は、楽しむためのお金を得るものであり、経験を積むもの。
そう思いながら。
いや、ホントに遊んでますねぇ。(笑)
いい遊び方ができてると思ってますよ。

東京という街は、その「色んな経験」が出来る場所でもあります。
来てよかった、と思ってます。

高校を卒業するとき、私ははっきりいって、「箱入り」でしたよ(笑)
親と離れて何かするなんてことはあり得なかったんです。
でも、思い切って実家を離れて、東京まで来て、ホントによかった。
親も、自分たちが地元を離れることが出来なかったという過去があったために、出してくれたわけです。

人生の最終目標は「死ぬときに、【あー、面白かった】の一言で息絶えること」。
この街でなら、できそうな気がしてます。
今のところ。(笑)


別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

準ミスユニバース素敵でした~

知花くららさん、準ミスユニバース、おめでとう!ヽ(・∀・)ノ

さっき、TVに出ていらっしゃいましたが、大変素敵な方でしたねぇ。
ミスユニバースって、外見の美しさのみならず、教養も試されるといわれてます。

「美しさの秘訣は?」の質問に

「自分が美しいって意識したことないんですが」と笑いながら、
「素敵だな、と思う女の子と話をするときには、必ず目をみて話します。目力って大切ですよね」と。

そう、とってもきちんと「目力」のある方でした。
本当の強さを秘めた美しさ。
「凛とした」美しさ。

そんな感じ。

ただ、なよなよしてるのが、「美人」じゃないってことよね。(笑)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クリスマス・イブ

クリスマス・イブ。
去年は、ドームでGacktライブでしたが(笑)
毎年必ず行く場所があります。
教会ね。
ミサに参加なのね。
で、去年は仕方なく、翌日25日の昼のミサに行ったわけです。
今年は、ちゃんとイブに行くぞ~!
とか思ったら、なんと

有馬記念の日じゃないかっ!(爆)

しかし、よく考えたら、有馬記念って、中山競馬場・・・船橋・・・
夜の教会のミサに参加するのを考えたら、移動は無理っす(笑)
いいや、TVで。'`,、(・∀・)'`,、


この、クリスマスでのミサは、不思議なもので。
ここでの神父さんのお話の中で、一番印象に残ったものが、翌年の自分にとっての「キーワード」になるんですわ。

一昨年は、「皆さんはこれから世界に派遣されていきます」でした。
そして、翌年、ホワイトバンドイベントに行ったり(その後、あるNGOさんとの出会いもあり)、Gacktツアーに行ったり、ホントに色々と飛び回って、色んな出会いがあったわけで。
ホワイトバンドイベントに持っていった寄せ書き(自分のサイトのBBSで募集)なんか、そのまま、NYの国連本部前まで連行されちゃったし。(笑)

去年のミサで一番印象に残ったのは「はじめに言葉がありました。」な一節。
今年、言葉によって色んな縁ができましたが、そのうち「偽物」のものも沢山ありました。
ホントに「言葉」がキーワードになってるなぁ・・・と。
でも、その一方で、「本物」のものもあります。
本物を与えてくれてる人たちに感謝感謝の日々であります。(微笑)

さて、有馬記念、随分先の話だけど、賭けようかなぁ・・・(それかい!爆)
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

おおおお。

久々に美しい夢を見た。
(それで、えらく長く寝ててしまった。爆)

沖縄らしい場所。
観光地じゃない漁村?
夕日(朝日?)がとても美しい。
その夕日をカメラに収めようとあちこちカメラ構えて歩いてた。
そりゃもう、美し~~~い風景だったよ。
海もキレイで、凪いでいた・・・。

いやー。
久々に美しい風景の夢だったね。
こういうのを見るのは、精神的に非常にいい、さらに自分にいいことが訪れるとき。
嬉しい夢でしたわ。(^O^)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

さて、乗馬。また、乗馬。(笑)

なんかもうね、とりつかれたように、「馬」で頭がいっぱいなわけですが。(笑)
私が、スポーツというかアウトドアなことに、こんなに興味を持つというのは非常に珍しいことです。
なにしろ、ドライブですら嫌いですから(運転ヘタな人の助手席だと酔う。笑)
東京に住んでると必要ないのもあって運転免許も取ってないですし。
もちろん、ハイキングだの川辺でバーベキューだのキャンプだのも嫌い。
登山なんて、もっての他!
スキー・スノボもイヤ~!(というか、膝が片方悪いのでドクターストップなんだけど。笑)

という中で、「ライセンス」などという目標持っちゃって、親にカミングアウトしてまでやろうとしてるのは、不思議ですわ、自分でも。

ただねぇ。
馬って、一度乗ってみるとわかるんですが、「体温」が伝わってくるんですよ。
息遣いがわかるんですよ。
気持ち、伝わっちゃうんですよ。
これが面白いところ。

並足もせずに、ただ立ち止まってるときも、ちょっと気を抜くと、馬ってわかるみたいで。
よそ見したり、ぶるぶる言ったり、足踏みしたり。
あとで、本で復習してみた(するんだな、これが。笑ら、やはり、気を抜いてると、馬も集中力が欠けるんだそうで。
逆に、自分が止まってても、他の上手な騎乗者の様子を見ながら「イメトレ!」とか思ってるときは、ちゃんとじっとしててくれてたのね。

とりあえずの目標は、ライセンス取得。
楽しめればいいんだけど、目標を明確に決めたほうが張り合いが出てくるというもの。
どうやって、そのライセンスを攻略していくか、ちょっと色々と検討してみたいと思ってます。

たとえば、とりあえず、秋口に「5級取得2日間集中レッスン」等で、取ってから、先日の乗馬倶楽部に通って、次の4級を目指す、とか。

あとは、そこまでやるなら、最低限、ヘルメットとブーツとキュロット(乗馬用のズボンね)くらいは欲しいなぁ・・とか。

乗馬って、お金持ちのスポーツのように思いますが、競技までやるつもりが無ければ(つまり馬を持つ。笑)、結構、手軽にできるものだと思います。


なんかもう、止まらないじゃないっすか。
乗馬を語りだすと(爆)
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

世界報道写真展

youさんの日記で出てますが(笑)、「世界報道写真展2006」。
これ、東京都立写真美術館で開催されてます。

こちら↓

「写真美術館」

この美術館、実は私のお気に入りの場所でもあります。
今の建物になる(ガーデンプレイス内)前から好きな場所でした。

今開催されているこの展覧会。
ここに出ているのは「目をそむけたく」なるようなものもあるかと思います。
飢餓や事故・・・・・これらのものは、特に日本人は「我、関せず」状態で、見ようともしない人が多いのが現状。
でもね。
同じ地球で起っている現実。
同じ人間に起っている現実。
そこから目をそむけていてはいけないと思います。

例えば、原爆祈念館。
広島・長崎にありますが、こういった場所も行って見るべきだと思います。


この写真展、見たいのは山々なんだけど、今は、乗馬にかけるお金の問題があるから、できるだけ外出を控えてます(笑)

というわけで、ご興味のある方はどうぞ。


※新宿住友ビル内にある「平和祈念資料展示室」もおススメしておきます。

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Gackt氏?ちょっといいですか?

はいそこ通りますよ。・・・・っていう、あのAAは好きなんだよね。(笑)
ま、それはいいとして。(笑)

Gackt氏の日記が更新されております。
youさんのことについてずらずらと書き綴っております。
(たぶん酔っ払って書いたんではないかと。後で赤面してるかも、ってなくらいの勢い。笑)

あの?Gacktさん?
確かにね、いつも思うんですよ。


「そんな女は、今の世の中おらんわい!」(爆)


てか、いたら「困ったちゃん」だし、

むしろ強いほうがええで?(爆)


というより「猫っかぶりの嘘つき」だよ、

そんなのは大体!(笑)




失礼しました。

それはさておき。
まあ、youさんとは10年プレーヤーの友人なわけで。
そりゃ沢山の思い出が詰まっておるでしょう。

私も、そういう友達がいるわけです。
お互いにあまり連絡取らなかったこともありました。
それぞれに辛いことが多すぎたときとか。
でもね、なんとなく直感することとかもあるんですよ。
「あ、今、大変だな、たぶん」って。
そんなときは、そっとしておくのが一番だな・・・って感じるときがあったりします。
先日、そんな友達に「この日のこの時間なら大丈夫かな?」と電話してみたら、やはり、「死ぬほど忙しい・・・」という状態を吐露してました(笑)
他の人はタイミングが悪すぎて、相当トーンの落ちた状態でしか話せなかったそうですが、色んな話を聞きましたわ。
1時間近くもしゃべってましたわ。
ホントに壮絶な状態にありましたね・・・。
「無理しすぎないように頑張って。そして、次の話が来て、それがどんなにいいものであっても、体がついていかないようだったら、パスするのもありだと思うよ。」
というのが精一杯でした。
彼女なりに頑張ってるのがわかってるから。
(もう、頑張ってるなんてのを通り越してるよ。生死をかけた戦い状態・・・笑)
しかし頭にくるのは、そんな彼女に対してバッシングを行ったヤツがいるということ。

そういう10年プレーヤーの友達ってのはいいものです、ホントに。(笑)
意外とこういう友達って、性格的に自分が持ってない部分を持ってたりするんだよね、お互いに。(微笑)
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

馬は馬でもその馬は要らん!_| ̄|○

いやもう、危ないのなんの。
今日、色々調べもので検索してたら、突然、ウィルスをブロックしてるソフトが「トロイの木馬」検出してびっくり。
てか、Yahoo検索で踏んだ、見た目は普通のサイトだったのに、そこでまさか「トロイ」が来るとは思わなかったよ・・・。
ad-awareも入れてるので、ウィルススキャンと両方起動させて検査したら、ひっかからなかったから大丈夫。


馬は馬でもそれは要らん!(爆)


そして、今日知ったこと。

上杉謙信の愛馬は「放生月毛」という名前だったと。

川中島の合戦で武田信玄と一騎撃ちのときに乗っていたといわれているのがこの馬。
放生とは仏教用語で、「捕らわれの生類を逃す」という意味で、「月毛」とは馬の毛色。
これは、クリーム色のような毛色。今のサラブレットではあり得ない色のようですが、一番近いとすれば、葦毛。
つまり「白馬」ですな。
(葦毛というのは、グレーがかったものだけれど、年とともに白くなっていくんだそうで。ところが比較的体が弱いとか。)
だとしてら、大河では白馬を使うんかいな?
私が最初に練習で乗ったようなやつかいな?
しかし、合戦の馬にそんな殺生を戒めるような仏教用語使っても説得力無くないか?上杉謙信・・・・。

・・・・ま、いいや、どうでも(笑)



別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ウマ~い

そして「乗馬ライフ」という雑誌で見つけたもの。

その名も・・・。


「うまい(馬米)」!!


ネーミングが凄いなぁ(笑)

別窓 | グッズ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

面白かった!!

今帰ってきました~!
いやー。面白かった(笑)
二度目の体験乗馬に行ってきました。
前回とは違って、近隣の乗馬倶楽部です。
この乗馬倶楽部、人が多かったですねぇ。
土曜日ということもあるんですが、というか、馬の数も多いんですが、クラブハウスは大賑わいでした。
小学1年生?くらいの男の子から、年配の方まで様々。

今回、私は、二回目の乗馬ということで、筋肉痛ゼロ。
しかし驚いたのは、最初から引き綱無し!
全く自力!
しかも、馬房から連れてくるところから始まりました。
(最初に、【保険誓約書】に1回騎乗経験有りって書いたから?)
今回の馬の名前は「ヘイグ」君。オス(セン)の栗毛の子でした。
その乗馬倶楽部のHPには、馬ごとの特徴が載ってるんですが、そこにある通り、「気まぐれで怒りんぼう」(笑)
体をブルブル震わせたり、ブヒブヒ言ったり、後ろ足で蹴り入れたり(笑)、しまいにアレやられました・・・。

アブミの上でブーツの

つま先咬まれたよ!(爆)


痛くなかったけどさ。「おいおい!」だよ(笑)

そんなわけで、まずは連れてきてと。
はい、乗りましょう。
はい、馬場へ行きましょう。
馬場・・・・・・このところの雨のため、競馬で言うところの「オモババ」状態でした。
泥だらけ・・・・これ、落馬したらシャレになりませんって・・・(笑)
そんなわけで、引き綱無しで、並足から始まり、速足まで。
ブリティッシュの方がやはりちょっとだけ難しいですね。
アブミの上で立つ→座る→立つ→座る・・・を馬のリズムに合わせて繰り返すわけです。
このタイミングが馬とときどき合わなくなっちゃうのね(笑)
初心者ゆえ。(笑)

指導の方は女性でしたが、とても丁寧。
赤城乗馬倶楽部よりずっと丁寧。
・・・てか、「ライセンスまで取りたい」と言ったからかも(笑)
そこである一口メモを教わりましたよ。
ブリティッシュの鞍に無くて、ウェスタンにあるもの。
それは、鞍の前部についてる突起「ホーン」。
あれね、何のためにあるのか。
元々は、カウボーイが投げ縄をかけておくためのものなんだそうで。
「なるほど!」と納得。
つまり、乗るときに摑まるものじゃないのね本来は。(笑)

というわけで、引き綱無しでもなんとか手綱さばきもできましたさ。

しかし、最後に失敗。

馬場から、クラブハウスまでの短い道のりで、Y字型に道が分かれてるんですが・・・・。

左に行くところを右に行きそうになりました。
思わず「あ。間違った。ごめん」とか言ったんですが、これは・・・

手綱さばきを間違ったんじゃなくて、

騎乗者が方向音痴なんです!(大爆)



指導員の方に「あ、そっちじゃありませんよー。そういうイベントもありますから、そのときにそっち行ってくださいねー」と笑われましたわ。(笑)

てなわけで、指導も丁寧だし。
通おうかなと。
回数券等もあるんですが、とりあえず今回は、次回の予約も入れずに帰ってきました。
ただ、登録だけはしてきたので、次回予約からは、番号だけ言えば、名前や連絡先等全てわかるようになってます。

いや、面白いわ、やっぱり乗馬。(笑)
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

さて!

今日は出かけてきますわ。

楽しんできまーす!(^O^)ノ


るんるんるん♪

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| L'arrière du mois | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。