L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

北からの宅急便

先日、実家におねだりしまして。(笑)
ラーメンを送ってもらいました。
で、「ウニ瓶詰めくらい入ってないかなぁ」と思ったんですが、イカの塩辛でした(笑)
他には蕎麦(蕎麦って、北海道の特産品なんですよ?)とかうどんとかも入ってましたが、なぜか、ホットケーキミックスだのココアまで(笑)

ラーメン、美味しかった~(^o^)
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

龍馬の黒幕

いやー。「歴史ミステリー 龍馬の黒幕」見てました。
これ、龍馬の話っていうより、グラバーの話でしたね。(笑)
この番組の中で何に驚いたかって、日本のフリーメイソンの「グランドロッジ」の内部を撮影させてもらってた点!

「うわー!!マジ、映ってるよっ!」

と一人、叫びつつ見てました。
まさか撮影許可するとは思ってませんでしたもん。(笑)

さて、龍馬の話についてですが。
彼がフリーメイソンに所属してたとは思いません。
基本的に「自由人」であり、自分の足で人に積極的に会いにいき、その人柄で多くの人を魅了した人ですから、フリーメイソンに加入する必要はなかっただろうと思います。
ましてやグラバーに口止めされてたとは、ちょっと。(笑)
口止めされたというより、言わない方がいいと自分で判断してたでしょう。
この番組、龍馬があまりに軽薄に見えちゃったじゃないですか、おいおい。(笑)

ただ、薩長同盟の裏側に、グラバーの力があったのは確かだと思います。そして、グラバー自身は本当にフリーメイソンの会員。

この番組の中では、グラバーは、明治維新について何も語っていないとなっていましたが、その点はちょっと違うようです。
グラバーが後に書いたという「回顧録」には、

「薩摩と長州のあいだを隔てていた壁を取り除いたのは、私の最大の功績であり、幕府に対する反逆者のなかで、私が一番の謀反人だった」

と書き残しているようですから。(自慢げじゃん!笑)

そして、イギリスが幕府を見限って倒幕側についた背景についても触れられていなかったようです、この番組。
そこには「生麦事件」というのがあるんですが・・・・。

龍馬という人は、ほんとに、実に吸収力・柔軟性のある頭脳を持ってた方です。
当時、脱藩するってことは、サラリーマンが失業するより凄いことだったわけですし、勝海舟から得たもの、ジョン万次郎から得たもの、様々な人と会って話を聞いて考え行動する人なんですよね。
その点が、「武士」という地位にしがみついてしまった、「新撰組」とは違うわけです。

また、龍馬暗殺の本当の黒幕についても、諸説あり、議論の対象となる話であります。

って言ってるとキリが無いので(笑)、興味を持たれた方は自分で調べてみてください。(笑)
嵌ります。ほんとに。(笑)
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

番組告知

明日、26日(日)14:00からTBS系TVで。


「歴史ミステリー 龍馬の黒幕」

が放送でーす!
龍馬ってどんな人だっけ?な方、ぜひご覧ください。
主演(龍馬)が及川光輝って・・・・微妙な気がしますが(笑)

しかし、「黒幕」って、どんな内容なんだろ?( o_o)

とりあえずチェックですよー!

あ、今、龍馬関係の某所をチェックしてきました(笑)
どうやら「フリーメイソン説」が絡んでる内容のようです。
実は、先日、フリーメイソンの本読んでた(なんで?とか突っ込まないように。笑)ら、長崎の有名な「グラバー邸」。あそこには、フリーメイソンの紋章があるとのこと。
グラバー邸といえば、龍馬たちがよく密談していた場所であり、グラバー邸には、蝋人形でそれが再現されてました。
たぶん、グラバー自身は確かにフリーメイソンの一員であったらしいのですが、それが、龍馬までそうだった、という内容なんでしょうかね?
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「曲」に注目

トリノオリンピック。
さきほど、女子フィギュアスケートのフリーを見ておりました。
いや、リアルタイムじゃありませんけど(笑)

で、あることに気付いたんですよね。
日本の3選手。荒川さん、村主さん、安藤さん。
この方達が使った曲。

 荒川 = トゥーランドット
 村主 = ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
 安藤 = 蝶々夫人

ここでまず、注目したのは、荒川&安藤は、「イタリアの作曲家」による「東洋をテーマにしたオペラ」の曲なんですねえ。
しかも、この二つ、似て非なるものです。
蝶々夫人は、「待って待って待ち疲れちゃったヒロイン(日本)」の話なんですが、トゥーランドットは、「中国の冷酷な姫君」の話なんですねぇ。凄く強い姫君と、よよよ~っと泣くヒロイン。
この違い。
これ、面白いです。

そして、その二人に対して、村主さんの「ラフマニノフ」。
この作曲家は、「ロシア」の人です。
これも他の二人と違う。
で、ラフマニノフの曲って、確かにドラマティックなんですが、盛り上がる場面まで時間がかかる曲なんです、本来(笑)
だから、実は、こういう場面で使うのは非常に難しいと思います。
そして、安藤&荒川選手は、今回の会場が「イタリアのトリノ」だということを意識して、さらに「東洋」を持ってきたんじゃなかろうかと。

「音霊」が乗り移ったんじゃないか、てなくらい、荒川さん、冷静でしたね。
最後まで、指先の毛細血管一つに至るまで、一瞬たりとも「気が抜けてる」瞬間がありませんでした。
観てて、まずそれに驚きましたね。
他の選手は、なんとなく、瞬間なんですけど、頭で考えてる感じが見えるんですよ。
ところが、荒川さんは、最後まで、ある意味「冷酷な姫君」そのもののように冷静で、音と一体になってる。

技術的にも素晴らしかったですけど、そんな点が面白いなぁ・・・と思ってみてました。
別窓 | 美しきもの | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

嵌ったよ、この本(笑)

「庭の中で」by ホープ・A・トーレス

庭の中に立っていた彼女は、彼がこっちへ駆けよってくるのに気がついた。
「ティナ!ぼくの大事な花!人生でいちばん大切なもの!」
これだわ、わたしが待っていた言葉は。
「ああ、トム!」
「ティナ、ぼくの花!」
「ああ、トム!あたしもあなたを愛してる!」
トムは彼女に近づくと、地面にひざまずき、彼女をわきへ押しのけた。
「ぼくの大事な花!いまきみが踏んづけているのは、品評会に出品する薔薇の花だぞ!」



・・・・・・55語で綴る小話だそうです(笑)
「極短小説」という小品集を読んでるんですが、面白すぎ(笑)
かなりブラックな風刺が多いけどね。
惜しいのは、翻訳の日本語でしか出てないのね。
「55語」と銘打ってるんだから、できれば原文も読みたいなぁ・・・併記されてたら面白いのになぁ・・・・。

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

道に迷ったw



今日は、まず美容院で髪を黒くしました。いや、もう茶髪は流行んないかなあ・・・てか、レイヤーストレートセミロングだから、黒い方が迫力あるのよ(笑)

それから、せっかくなので、ちょっとお出かけをと。
先日から見たかった、江戸東京たてもの園へ。
今、ここで「昭和30年代」を再現した展示がされてるのね。
この写真みたいに。

30th.jpg



学芸員さんがいたので尋ねてみたら、ポスター以外の展示品は撮ってもいい、とのことでした。
いい感じにレトロ。

そして、園内では、何度行っても「プロ撮影中」のために内部が見られなかった「前川邸」。
今回も、TV撮影のためNG。。_| ̄|○

いいもん!。・゚・(ノД`)・゚・。
で、帰ってきたんですが、完全に道に迷いました。ええ。
全然違う方向へ歩いてることに気が付き、愕然。


・・・・・。


あ、バス停だ。

で、ここでバスに乗ったと思ったあなた、甘い!(笑)
バス停に貼ってあった地図を見て、次のバス停へ、次のバス停へ・・・と歩きましたさ。お金かからず、運動にもなる。
自分、賢い!(爆)
てなわけで、結局、トータルで10kmくらいは歩いたと思います。。(爆)

でも、おかげで「うわー・・・この周りは住みたくない!」なスポットを3箇所ほど見つけちまった・・・。
お稲荷さんは、ちゃんと祭らないとダメだってばぁ・・・。

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

うーん。いまいち。

結局、トリノを見ないまま終りそうです。(苦笑)
今日は「ウィッチ・コード」というDVD観てたんですが、いまいちでしたねぇ。
出だしは面白かったんですよ。
林というか原っぱで、女性の遺体が埋められてるのがみつかる。
そして、それを調査していたら、その下から、さらに男女2人の遺体がみつかる。
しかも奇妙なことに、下の男女は最近の遺体で、上の女性は500年前のもの。
どうやら宗教儀式な感じがする・・・・。

っという、オカルト・サイコなんですが、結局、自分はジャンヌ・ダルクだと妄想する病気の人が犯人ってことなんですけど。
なんでそこでジャンヌ・ダルクなのか(だって、舞台はフランスじゃないし)、結局全てのつじつまがどう繋がってるのかわかんないし。

むぅ。( o_o).ill

ジャンヌ・ダルクを妄想するときのCGがちょっと面白かっただけかな。
ワタクシには、「外れ」なDVDでした。
単純なTVドラマみたい。
映画でやんなくても・・・・・な。
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

嵌るわ、売れるわ、確かに(笑)

 【正しき者の唇は】
 正しき者の唇は叡智を述べ
 その舌は正義をものがたる
 心の中に神の掟を抱き
 その足どりは、ためらうことなく進む


 【われ、いかに嬉しきかな】
 われ、いかに嬉しきかな、かく告げられれば
 「いざ、われら、主の館をめざし行かん」と
 御身が塀のうちに平安あれ
 御身の宮殿のうちに繁栄あれ



これ、先日借りてきた「グレゴリアン・チャント」(グレゴリオ聖歌)のCDの日本語訳歌詞です。
もちろん、ベースとなってるのは聖書ですね。
この、グレゴリオ聖歌、既にCD何枚かは持ってるんですが、今回借りたもの(レンタル屋にあったのね)は、スペインで過去に大ヒットしたそうです。
グレゴリオ聖歌って、仏教で言うところの「声明(しょうみょう)」のように(ちと違うけど。笑)、独特の音律で進んでいく静かな曲ばかり。
これが大ヒットしたってのは、人ってやっぱり「癒し」が必要なんだからでしょうね。

ちなみに、この「グレゴリオ聖歌」を聴いてると、不思議なくらいに「丹田」に気が満ちてきます。熱くなってくるのね。
気功は中国で生まれたもの。
グレゴリア聖歌との接点は見えませんが、やはり何か共通したものがあるんですかね?
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

禁煙祭ワショーイヽ(・∀・)ノ

どっかの便乗じゃございません。(笑)

NGOに受かってたら、あのとき既に止めてました。
貧しい国の生産者の方々が、タバコの葉のために大量に農薬使ってて、そのために健康を害している、と聞いたから。
それ聞いたら、NGOに属してて吸うわけにいかないでしょ。

あとね、以前、禁煙を1年やってたときのことを思い出したから。
ホームページのReportコーナーにある「TO HEAVEN」。
あの「よよん君」が無菌室に入っていったときから、願掛け禁煙してたから。
あのときできたんだから、できるわな。

と、いうわけで、G氏ファミリーは、いいきっかけを作ってくれました(笑)
このまま、「それ知っちゃって吸ってていいのか、自分」と思い続けなくてもよくなったわけね(笑)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

最初に嵌った洋楽「T-REX」

昨日は、ブログ、お休みしちゃいました。。。_| ̄|○
いや、ネット上を飛び回ってまして、あちこち。
全部はたぶん、誰も知らないかも(笑)

さて、ちょっと洋楽の話をば。

私、凝り性なので(笑)、例えば、ちょっと気になる日本のミュージシャンがいたりすると、じゃあ、その人が聴いていた、ルーツとなった音楽は何だろう・・・と調べ始めます。
そして、じゃあそれのルーツは・・・・とさらに調べ始めます。
そんなこんなで、最終的にロックからブルースへと入ってしまったことがありました(笑)

で、そんな中、最初に「これはいい!」と嵌ったのが、「T-REX」でした。
まさに「グラム・ロック」ですね。派手なやつね(笑)
T-REX、知らない方はまずベスト盤から入ってみるといいかと思います。
「METAL GURU」「GET IT ON」「20TH CENTURY BOY」「TELEGRAM SAM」あたりが入ってると「あ、聴いたことある」と思うかも。

で、一つよく言われてることがあるんですが、ストーンズあたりもそうなんですが、いい曲ってのは「イントロで勝負」というのがあります。「サビ」も大事だけど「イントロ」。
T-REXって、それがわかりやすいかも。

さらに言われるのは「女性は歌詞を聞き、男性はリズムを聴く」と。
これ、よく考えてみたら、実は私はいつも音楽はリズム優先で聴いてます。男性的聴き方ですね(笑)
歌詞は後から見る。
まずリズム、曲の構成。そんなところから聴いてますんですよ。

なので、「イントロ当てクイズ」なんてのがあっても、続きのメロディーやリズムは正確に浮かぶんですが、歌詞とタイトルが思い出せません(爆)

なんとなく頭の中で流れる場合も、リズムやメロディーは正確に全て浮かんでるのに、歌詞がどっかへ吹っ飛んでます(爆)

ちなみに、タウン誌の編集をやってた友達から、「投稿サクラ」として「思い出の一曲」について書いてくれ、と頼まれたことがありました。
そのとき使ったのが、T-REXの「20TH CENTURY BOY」でした。
ええ。掲載されました。匿名で。(笑)



・・・・・・pakiraに書いたのと同じ内容じゃん!とか突っ込まないように(爆)
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今日はこれを観た

今日は、先日借りてきたDVDの一枚を観ました。

「マリー・アントワネットの首飾り」

これ、「ベルばら」を読んだ方なら、「あー!」と思い出すと思います。
フランス革命の引き金の一つとなった「首飾り事件」。
その史実に基づいて作られた映画で、事件の首謀者である「ジャンヌ・ド・バロア」が主人公です。
「ベルばら」ではかなりの悪女として描かれていましたが、この映画では、民衆側に立ったがために領地を奪われ家名断絶に追い込まれた「バロア家」の娘が、家名復興のために、いつしか詐欺事件を引き起こしてしまう、という内容になってます。

「家名」を守るため。「バロア家」を復興させるため。
最初はそのために、宮廷へ出入りし王妃の関心を惹こうとしたものの、なぜか、王家そのもののスキャンダルの主人公になってしまいます。

ロアン枢機卿の堕落しきった聖職者像も面白かったんですが、なんといっても印象的だったのは、最後に出てくる、アントワネットのギロチン・シーンですね。
淡々と描かれている。
そして、あの、天才的ペテン師「カリオストロ伯爵」も出てきます。
あやしーい人ね(笑)
出てきた瞬間、思わず
「カリオストロ!!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!! 」
でした(笑)

しかし惜しいのは、「英語」なこと。
フランス宮廷なのに英語じゃねぇー・・・・・。
そして、なぜか、服装が暗色系が多い。
この時代のフランス宮廷はもっと華やかな色彩のドレスが多かったんじゃないのかなぁ。
まあ、舞踏会シーンがないから仕方ないのか。

昔、ベルばらを初めて読んだときって、小学生だったんですが、ワタクシはわからないながらも、フランス革命について一生懸命調べて勉強しました。
それが役立って、後年、18世紀のフランスが試験に出てきたら必ず満点取れました。(笑)

そんなことまで思い出させてくれる映画でしたね。(笑)
別窓 | 映画 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

スキーは好きじゃないのだ

北海道出身というと、大抵言われるんですよ。

「スキーできるでしょ」

・・・・。

いえ、あのー、一応できますが、「キライ」です(笑)
アメリカ人に向かって、「野球上手でしょ?」って言ってるようなものですよ、それは。

しかし、学校ではスキー授業というのがありました。
しかも。
ゲレンデで滑るやつだけじゃありません。
「歩くスキー」も。
いわゆる、「ノルディック」ってやつね。


・・・・・・トリノ見てて思い出した。
あれはほんとに嫌いだった。。。。_| ̄|○;
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

イマジン、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

トリノ、始まりましたねぇ。
開会式、ちらっと見ましたが、聖火点灯、派手でしたねぇ。(笑)
さすがは、情熱とアートの国ですわ、イタリア。

しかし一番「おおっと!」と思ったのは、オノ・ヨーコ。そして、元ジェネシスのピーター・ガブリエルによる「イマジン」でしたね。

「イマジン」
平和の象徴のような有名曲なわけですが。
あのー、ピーターさん?
ひょっとして、キーが合わなかったんでしょうか?
なんかそんな気がしたんですが・・・・(笑)

この「イマジン」で、ふと思い出したのは、RCサクセションによるものでした。

「COVERS」

これに入ってるんですよね。
で、当時、このアルバム、一度発売禁止になってるんですよ。
某T社から発売予定だったんですが、このアルバム、原発反対の内容が濃厚だったんですよね。
T社というのは、実は、関連会社が原発を作っていたといわれてます。
そのため、なんと、新聞広告に
「素晴らしすぎて発売できません。」
などというふざけたコピーが出たんですよ、T社から。
そして突然の発売禁止。
もう、ぽかぁーん・・・でしたね。
結局、他社から発売になった、というアルバムです。

ジョン・レノンが殺された裏側にも、政治的なものが絡んでるんじゃないか・・・とか言われました。

言論の自由って、一体なんなの?
と、考えさせられる、でもやっぱり「平和の象徴」な一曲。
それが「イマジン」です。
別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

BOOKバトンですってよ、奥様!

またしてもネタ切れのため(笑)、いや、書こうと思えばあるけどさ、書けないことも、この世にはあるのだよ、関口君。(は?

てなわけで、いただいてきました。

「BOOKバトン」

①持っている本の冊数
え?数えるのが怖い(笑)。
先日、かなり売ったけど、そのとき、全て本棚から出してみたら、軽く「ゴミ屋敷」状態になりかけたもん。

②今読みかけの本 or 読もうと思っている本

「五分後の世界」by村上龍
「聖母マリアの系譜」by内藤道雄
「MOMENT」by本多孝好

③最後に買った本(既読、未読問わず)

「聖母マリアの系譜」

④特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

1冊目:「東京トンガリキッズ」by中森明夫

     これは、この時代を知ってる人にはタマラン一冊。

2冊目:「菜の花の沖」by司馬遼太郎 

    司馬遼太郎といえば、「龍馬がゆく」だと思ったでしょ。(笑)
    でも、これのラスト読んでて、電車の中で泣きそうになった。

3冊目:「私の赤い手帳から」by三浦綾子

     サイン本なんだよね、持ってるのが。(笑)
     これはエッセイ。内容もよし。
     サインは、名前のほかに一言。
      「ただ、みことばを下さい。聖書」と書いてある。

4冊目:「ブルース」by花村萬月

     痛いほど、音楽が伝わってくる、稀有な本。

5冊目:「一月物語」by平野啓一郎

     この人の文章の華麗さにやられた。完全に。


⑤次にまわす人5人まで

本が好きな方、どうぞー(´・д・)つ□


別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

日本アカデミー賞

最近、日本映画が盛り返してきてるようです。
「フラガール」の各スタッフさんたちも、既に次の仕事のオファーが入ってきてるとか・・・。
最近は、ジャパニーズ・ホラーがハリウッドでリメイクされたりしてますしね。
そういえば、去年、映画館で見たのは4本でしたが、うち3本は日本映画でした。
っていうか、結局、ハリウッドものは一本も見てない。(笑)
どうも、「え、これで終わり?」っていう、ヨーロッパ系映画の方が好きだったりするんですよねぇ。
ハリウッド物は、ヘタなものだと、もう途中で結末が見えてつまんなくなっちゃう・・・・・。

話、戻って。
3月になると、「日本アカデミー賞」のシーズンになります。
これね、別に期待してるわけじゃないんですが。
ちょうど、母方の祖父の命日と被る時期なんですよね。
お葬式が終って、親戚が集ってるところで、ちらちらTVで授賞式を見てたのを思い出します。

「日本アカデミー賞」。
本来の米国のアカデミー賞に比べたらたいしたことないんでしょうが、やはり、日本の中では、映画賞としては一番なわけで。
去年上映された映画が対象になるわけですから、やっぱり、今回は、これが、各賞総なめになるんじゃなかろうかと。

「ALWAYS 三丁目の夕日」

実は、密かに、製作委員会からメルマガもらってます。(笑)
サイト見たら、なんとまだ各地でロングランされてるんですねぇ。

この映画の背景となってる時代。
そして、祖父の命日。
なんだか、祖父の生きた時代でもあったわけで、ちょっと、最優秀作品賞の受賞を期待しちゃいます。
一般審査員として気軽に参加できるシステムがあるんなら、絶対に一票投じるんだけどなぁ・・・・。


別窓 | 映画 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

私信。

わかる人にだけ報告しておきます。

さっき、ア〇〇さんに携帯メールして、さらに電話してみました。
電話は20コールくらいしましたが、結局出ませんでした。
でも、携帯電話の契約は切れてません。
12月には、クリスマスカードを贈りましたが、戻ってきてません。

つまり、彼女はちゃんと生きてます。
身体が動かなくなっても、ちゃんと生きてます。

時々、L氏も携帯メール送ってます。
ちゃんと皆、覚えてます。

彼女には、以前、「聖カタリナの不思議のメダイ」を贈っておきました。
マリア様が、ちゃんと彼女を守ってくれてるんだと思います。

彼女から返事が無くとも、無事であること。
それはとても嬉しい。

アメイジング・グレイスを聞きながら、彼女の幸せを祈ってます。

別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ガク友さんが密かに頑張ってます(笑)

DIABOLOSツアー時に一緒に参戦した、ガク友さんが、今、密かにがんばってます。(笑)

この夏公開予定、現在撮影進行中の映画。
「フラガール」のエキストラ兼ボランティアスタッフとして参加中!
(注:Gackt氏は出てませんよ。笑)

現在、スタッフの皆さんの間にも「ブログ等でのネタバレ禁止令」が出ているようですので、詳しい内容は全く書けませんが、裏話を聞いただけで、そりゃもう壮絶な状態で撮影が行われているようです。
皆さん「目の下にクマ」状態で・・・。
昨日は、いよいよエキストラ出演とのことで、早朝から深夜までかかる・・・と聞いております。
というわけで、ちょっと宣伝してみましたー。(笑)


がんばってなー!〇ちゃん!(笑)

というか。
なんかこう・・・・。
感動シーンででも、キミの姿見つけたら、映画館で
「ぶーーーーっ!!」
っと噴出しそうで怖いよ。(笑)

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

バレンタインにいかが?

さきほど届いたチョコレートをご紹介。

choco1.jpg


これ、先日紹介した「ピープル・ツリー(グローバル・ビレッジ)」さんの、フェアトレードチョコレートです。

実は、包み紙の裏側に、どういう人が作ったかが書いてあります。
この写真のものの裏側には

南米ボリビアのエル・セイボ 立ち上がった小規模農家たち
1960年代、ボリビアの北部のアルト・ベニ地方でカカオを栽培する小規模農民の人々は、流通手段を持たなかったため仲買人に作物を売るしかなく、買い叩かれたり計量をごまかされても抵抗できませんでした。
そこで農民達は、共同でトラックを購入し、自力で作物を集荷して都市に運べるよう、組合を結成しました。
「エル・セイボ」とは、生命力の強い熱帯樹の名前。切り倒されても新たに根をはり、芽を出し続けるこの木にちなんで、農民たちは強い結束力の意志を組合の名前に表したのです。
「エル・セイボ」は、83年に、途上国の協同組合として世界で初めて、自分たちで運営するカカオ加工工場を設立しました。77年に12組合で発足した組織は、現在37組合、650家族となり、事務局スタッフは全て農民たちで互選するなど、大変民主的に運営されています。


そしてまた、原料のもうひとつの主となってるのは「黒糖」。
これについても、フィリピン・ネグロス島の産であること、そのエピソードが記されています。
さらに、それらの原料を元に、チョコレートとして製造されたのは、伝統的な製法を守るスイスの小さな工場で作られたことも。

世界のあらゆる人が関わり出来上がった過程がわかる、暖かなチョコレート。
バレンタインには、有名ブランドのチョコレートより、この方が愛が伝わるかもね。

って言ってるワタクシは、もちろん自分のために買いました。(笑)
だって、美味しいんだもーん。ヽ(・∀・)ノw
別窓 | 日記 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

かーさんがぁーよなべーをしてー

別に手袋編んではいないんですが(爆)、つか「母さん」でもないんですが。(爆)

また、手がしもやけ状態に陥り、右手は一本指打法です。ええ。
ネットのやりすぎですね。
昨夜、「ウィキペディア」を読んでたら、次々知りたくなり、気付いたら、
「なんか、手がヘン・・・・」
で、しもやけ。腫れてます。。。_| ̄|○<寒いんだもん、最近。

マウスの握りすぎです。

マウスの握りすぎです!

マウスの握りすぎですっ!!!

あーん。。・゚・(ノД`)・゚・。
今日はDVD見るか、本読むかにしよう。。。。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

例えるならバトン?

ネタに困ると、バトンを探しにネット上を這いずり回ります。(爆)
そんなわけで、拾ってきました。新たなバトン。

「自分を例えるとバトン」

☆自分を色に例えると?
あー。オーラの色は「赤・青・紫」って言われましたけど何か?(笑)
「金」が入るよう精進したいですわ。(笑)
着る服は、赤と黒が多いけど。アクセサリーは、シルバーかプラチナ。
ゴールドはいやだ。(笑)

☆自分を動物に例えると?
なんざんしょ?犬ではないな。あんなにテンション高くない。
っと、ここで誰のことを「犬みたいにテンション高いなぁ」っと思ってるかわかった人もいるかも。(爆)
好き勝手なので「猫」のほうが近いかも。丸くなって寝たりゴロゴロするの好きだし。(笑)

☆自分を好きなキャラに例えると?
別にすきじゃないんだけどさ、「シーマ・ガラハウ中佐」ってコードネームもらったよ!ゴルァ!!(笑)

☆自分を食べ物に例えると?
食べ物?食べられたくない(笑)
っていうか、食べられない人。(爆)

☆次に回す人を色で例えると?
これは、「オーラが黄色」な怜悧さんしかわからん!(笑)
んなわけで、怜悧さん、どぞ(笑)
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

勝ち犬の見本。

今日は、午前中から病院でした。
いつもの眠剤もらうために。
で、診察が終ったら、処方箋持って近くの薬局へ行くんですよ。
他の病院からの患者さんも来るので、少し待たされます。
TV見てたり、外を見てたりしながら。

しばらくして、ある老夫婦が入ってきました。
二人とも、70代かなぁ・・・・。
奥さんの方は、しっかりしていらっしゃいました。
旦那さんの方は、どうやら「認知症」?
歩くのも10cmくらいずつそろそろと。
そして、トイレは、ドアを開けたまま、抑揚の無い声で「そこにいて~」を奥さんに向かって繰り返す。
奥さんは「はい。いますよ」と、ちゃんと答える。
決して邪険な言い方はしない。
「はい、ここで手を洗ってね」
旦那さんが手を洗った後、二人は手を繋いで、待合室の椅子に着席。
旦那さんは、見知らぬ人の肩をいきなり叩く。
「あら、ごめんなさい!そんな、知ってる人みたいにいきなり叩いちゃだめじゃないの」
そう言いながら、奥さんは、にこにこと穏やかに諌める。
そう言われたら、叩かれた方も、にこにこと返すしかない。

この二人を見ていて思った。

世の中には「結婚したら【勝ち犬】」と思ってる人が多い。
でも、いつかは誰でも歳をとる。病気になったりする。
そんなときでもちゃんと手を取り合って生きていける結婚じゃないと、意味が無い。
そんなことすら考えたこともないくせに「勝ち犬」だと思い込んでる人も多い。
それって、逆に「哀れな負け犬」じゃないか?ある意味。

この奥さん。
「勝ち犬」いや「価値犬」の見本だ・・・・と思った。
頭が下がるよ、こういう方を見てると。
別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

またしても、嗚呼、やっと。。。_| ̄|○

なんだか放置しっぱなしだったので、今日やっと、更新しました。
HP内のギャラリーね。
お絵描きBBSに頂いていた、皆さんの素敵絵・写真をやっとUPしました。
よく見たら、半年ほど放置状態。
暑中見舞いからUP。(爆)
素晴らしい作品の数々を頂いておきながら、申し訳ない。m(__)m
そんなわけで、ご覧下さい。
数が多かったので、途中でワケワカラン状態になってました。(爆)
UPし損なってるのがあったら、教えてくださいませ。

それにしても、「暑中見舞い」とか「クリスマス」とか、同じテーマでも、皆さん様々。個性豊か。
管理人が一番ヘタレなお絵描きBBSてのも珍しいよな、自分。(大爆)

こうやって見直してると、頂いた頃のことを思い出したりして、楽しかったですわ。

。。。。。。。。_| ̄|○<半日かかったけど。(笑)
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

拾って来たよん。

訪問履歴に残ってたブログさんに乱入して(笑)、バトンをいただいてきました。

「アルコールバトン」←危険回答だと思ったあなた、正解!(爆)


1.あなたの好きなお酒はなぁに...?

「超」がつく辛口日本酒。(高知もんは辛い。とにかく辛い)
コッテコテにこくがある赤ワイン。(渋味があるほうが可)

   
2.酔っ払うとどうなってしまうの...? 

けらけら笑う(まだ大丈夫)
   ↓
ちょっと赤くなる(全然大丈夫)
   ↓
寒気がする(あ!)
   ↓
泣き笑いになる(そろそろヤバイ)
   ↓
凶暴化して側にあるペットボトル等をひねり潰す(あー、きちゃったよ)
   ↓
のたうちまわる(もう誰にも止められない)
   ↓
いつのまにか就寝(ジ・エンド)   

ちなみに、2番目までしか外ではやりません。迷惑だから、絶対に。(笑)
イエローカード状態とレッドカード状態を色で表現してみました。(爆)

3.一晩で呑んだ量と費やした最高金額は...? 

大学時代は、10人(女ばかり)で、日本酒一升瓶を1ダースとかが日常茶飯事だった。そこまで酔わないと(正気では)出来ない行事があったのよん。(笑)
金額は不明。


4.呑んだくれて、良かったなぁ~と思うことは?

よいことはないねぇ。だいたい後で反省。(笑)
二日酔いの経験はほとんど無いんだけど。
日常は、あまり飲みません。後で反省するのイヤだから。(笑)

5.お酒の席での失敗談ある?差し支えなかったら
  笑える失敗談と笑えない失敗談を聞かせて! 


<笑える>
自分の失敗談はないなぁ・・・・。
友達は酔ってタクシー乗って、タクシーの運転手さんの上着を持って帰ってきてしまった。あとでタクシー会社へ行って、平謝り。(笑)

<笑えない>
銀座の高級店(和系)で、日本酒飲んでたら、気持ち悪くなって、トイレへGO!
二回吐いた。
吐いたあとすっきりしたものの、食べてたものが高級品だったので、トイレで思わず呟いてた。
「もったいない・・・・・」
お酒で吐いたのは、これ一回きり。(笑)

次は・・・・・そうねぇ・・・・・
じゃあ、ペテン師サイトのどなたか!どうぞ!(笑)
他にもやりたいかたはどうぞー!ヽ(・∀・)ノ
別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

カレーに生卵

いやー。
「真綿で首締めて、絹糸で首を切り落とす」ような真似をしてしまいました。(爆)
つか、出て行っちゃったんじゃ、自分で自分に非があることを認めちゃったようなもんだと思うんだけどな。
ま、どうでもいいや。
何のことだかわからない人は、わからないままにしておいてください。(笑)

さて。
先ほど晩ご飯を・・・・と思ったら、冷蔵庫になにも無く・・・(爆)
だって、今日は雨がずっと降ってたから外に出たくなかったんだもん。_| ̄|○

しかたがないので、あるだけの材料でカレーを作りました。
しかし、お肉がない。
というわけで、聞いてはいたもののやったことのない技を。
たまに、これをやる人がいるのは知ってたんですが。

「カレーに生卵」
やったことなかったんですよ。
なので、チャレンジ!
たんぱく質だ!っと。(笑)

結果。

・・・・・・。

微妙ー( o_o).ill

美味しいのか・・・・美味しくないのか・・・・微妙(笑)

どっちでもないので、たぶん今後はやらないと思います。
カレーに生卵。(笑)
別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。