L'arrière du mois

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

マニア(笑)

男の子が「ガンダム」だった時代、女の子は「ベルばら」でした。(笑)
これねぇ。
私、小学生のときに嵌ってました。(笑)
小学生で「ベルばら」。
かなりなおませですね。'`,、(・∀・)'`,、
ただし、「ヅカばら」(宝塚のベルばら)は好きじゃないんですよ。
あれはちょっと大げさな感じがしてどうも好きになれなくて。
原作ですね。池田理代子さんの。
これが面白くて、小学生で「フランス革命」の本とか読み漁って
ました。(笑)
後々、世界史のこの時代だけは勉強しなくても満点取れたわけですが。
(苦笑)
3部会の開催とか、ジュードポームの誓いとか、ロベス・ピエールとか、
首飾り事件とか。(笑)
しかし、この原作はあくまでフィクションなわけで。
バスティーユ攻撃には、フランス衛兵隊は出動してません。
もちろん、女の軍人なんかいません。(笑)
ただ、この主人公たる「オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ」
は面白いキャラクターでしたね。
そして、実は私の場合、ジェローデルが好きなんですよ。
「ヴィクトール・クレマン・ド・ジェローデル伯爵」
これもフィクションのキャラクターですが。
元上司であるオスカルに求婚するという荒技に出た(笑)人ですが、
普通は憎まれキャラなんですよね。
しかし、彼は、身を引く、という紳士でもあります。
そこがいい。(笑)
サブキャラ好きのマニアック(笑)

ちなみに、アニメ化もされました。
これはかなり原作に近いもので、かつ、ある意味ではさらに面白く
なってたかと。
そして、実写版映画というのもあったんですよ。(笑)
これは、ジャック・ドミュ監督作品。
「シェルブールの雨傘」で有名な監督なんですが、この映画は
不評でした。
どうやら、現地スタッフと原作者との意見の食い違いがかなり
発生してもめたらしいです。
「女が軍人なんてあり得ない!」と。(笑)
そして、資金が尽きたのか、最後のシーンがあまりにお粗末。
原作ともかなり違ってしまっている上、主人公のオスカルが妙に
色っぽい(笑)
Youtubeで検索すると出てきますので、興味のある方はどうぞ。
邦題は「ベルサイユのばら」でしたが、原題は実は「Lady Oscar」。
これで検索すると出てきます。

さらに、最近知ったんですが、乗馬の際。
乗馬では必ず、馬の左側から乗るんですが、これには訳が
あるんですね。
サーベルを左側にさしているため、それが邪魔にならないようにと、
左側から乗るようになったらしいです。
それが今でも生きてるわけですね。

妙なところで妙な雑学がついてきます。(笑)

あ、池田理代子作品としては、「オルフェウスの窓」もあります。
これは、ベルばらの後で描かれたもの。
こちらは、ロシア革命の話なんですが、より歴史に近い内容になって
ます。
4章構成の超大作です。(笑)
ピアノの話も出てきて奥深いです。
第2章がとくにそう。実際のピアニストである「バックハウス」も
ちらりと出てきたりします。
第1章は、サスペンスな感じで一番面白いかも。
第3章は、ロシア革命そのものが深く描かれていて、重いんですが
勉強にはなります。実際の人物もかなり出てきますしね。
第4章は短くて、その後の経過・・・・という内容なんですが。
ただ、主人公の「ユリウス」(これも男装の麗人)が、どんどん、
なよなよキャラになってしまうので、今読むと「なんだかなぁ」
なんですけど。(笑)
これで、ロシア革命にも詳しくなってしまいました(爆)
いや、ついつい関連本(本当の歴史)についても読んでしまうので。(笑)
他には、「エカテリーナ女帝」。これに至っては、原作者の絵がかなり
変わってしまってます。
アシスタントの方の手が相当入ってる感じですわ。

・・・・・・もう、この辺を語りだすと止まらないので
やめておきます。(笑)

*****************************
さて広告。
ベルばらで検索してたらこんなのが出てきました。
このオルゴール、入ってる曲が「薔薇は美しく散る」。
つまり、アニメ版の主題歌です。(笑)
あのV系バンド「ラレーヌ」が歌ったことでも
有名になりましたけど(笑)
♪ばらはばらは、気高くぅ~さぁ~いぃ~てぇ~♪ってやつです。
もう、このオルゴール作った業者に脱帽(笑)





スポンサーサイト
別窓 | マンガ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

うわ。嵌った。

さっき買ってきたマンガがありまして。
いや、まず表紙絵がよかったのと、原作がなんといっても。
菊地秀行(笑)

「ダークサイド・ブルース」

絶対に実写版映画化は無理。(笑)
でももしスターウォーズ級にお金かけて映画化するなら、主役「ダークサイド」は、Gacktにやってもらいたい。(爆)
基本はSFなんでしょうが、とってもゴスな雰囲気満載です。
サイバーvsゴス?(笑)

久々に、一気に読んでしまったマンガでした。
しかし、これって、1巻で終る内容じゃないんじゃなかろうか、本来。
とか思うんですけどねぇ。( o_o)



別窓 | マンガ | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ベルサイユの薔薇ならぬ、埃 _| ̄|○

なんか、おととい、コミックバトンの巻で、「ベルばら」とか書いたので、つい、ベルばら関連をググって見ちゃいました。(笑)
面白いパロディまんが描いてるサイトさんとかあってね。
SSなんかもあるわけですよ。
んが。
ジェローデルをもっと出せ!ヽ(`へ´)ノシ
ええ。ワタクシ、ジェロっち至上主義ですから!
気障といわれようが、イヤミといわれようが、おフランスだからいいのだ!
日本であのキャラやったら「ぺっぺっぺ!」だけどさ。(笑)

旅行記写真を、ベルばらキャラに紹介させているサイトさんもありましたですよ。
なかなか面白かったです。ジェロっちが完璧三枚目キャラになってましたが。(笑)
それ見てて思い出したんですが。
ワタクシ、15の春にベルサイユへ実際に行ってるんですよ。
おお!ベルばらの世界だぁ!ヽ(・∀・)ノ わくわく~♪
っと。
でもね。
サミット開催直前の補修工事があちこちで行われていて、
白っぽい埃まみれの床
が印象に残っちゃってですね。。。_| ̄|○;

嗚呼。もう一度。
♪行~ってみたいな、ベルサ~イユ~ぅ♪。・゚・(ノД`)・゚・。
別窓 | マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コミックバトン ( o_o)?

ブログテンプレートを変えてみました。
夏らしく爽やかに。(爆)

さて。怜悧さんから、今度は、「コミックバトン」というものが回ってきましたんですよ。
んじゃ、行ってみよー。

Q1.あなたのコミックの所持数は?

えーと。さっき、ざっと数えてみました。
100冊ほど。(注:CDはもっと多い。活字はもっともっと多い。笑)
マンガは読んだら、よっぽど気に入ったものを除いて、ブック〇〇に売っちゃうので、読んだものはその数倍かと。

Q2.今読んでいるコミックは?
トリニティ・ブラッド。
いや、なんとなく。(笑)

Q3.最後に買ったコミックは?

これも、トリニティ・ブラッド。4巻全部。(笑)

Q4.よく読む、または思い入れのあるコミック5つ

ベルサイユのばら
  これはもう、人生のバイブルかも。(爆)
Kissxxxx
  バンド時代のバイブル。(笑)
  今でも十分楽しめるかと。
研修医なな子
  面白すぎてはまりました。なな子先生、最高です。(笑)

MONSTER
  読んでるうちにぐいぐい引き込まれました。
NANA
  読んでみたら、まあよかった。ヴィヴィアン・ウェストウッドが
  買いやすくなったのはこれのおかげなんでしょうか。(笑)

Q5.バトンを渡す5名

なんか、受け取っても困っちゃうかも知れないので、喜んで答えそうな人を一人だけ。
み様!よろしく!(爆)
別窓 | マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| L'arrière du mois |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。